読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9

赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9

赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9

作家
スタンダール
Stendhal
桑原武夫
生島遼一
出版社
岩波書店
発売日
1958-08-16
ISBN
9784003252642
amazonで購入する

赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スプーン

卓越した心理描写で魅せる恋の駆け引き。屈折した愛情表現の末に手に入れた二つの愛は、主人公を真理の光で照らし出します。私利私欲にまみれた社会と対比させることにより、一層輝きを増すその光。人生でつかみ取るべきは、地位でも金でもなく、愛である。

2018/05/23

絹恵

(別訳で再読)思い描いた夢も泡沫に消えるとその熱は冷まされて、懐古に沈む。彼の軌道と永遠に交わらないのなら、せめてありのままの彼を愛したかった。そして捻りのない私が私であることさえ許されないのなら、太陽に暴かれる前に、月に溶けてしまえばいい。星があの人の涙を乾かしてしまう前に。(PSYCHO-PASS監視官 狡噛慎也4巻より鴇峰季國の本棚から及び1期13話より狡噛)

2017/11/26

音姫

立身出世するため野望に満ちた貧しい青年の恋愛物語を通して、階級闘争、支配階級の堕ちぶれた様子を描く。駆引きと打算で身を滅ぼす事になるが、最期まで高貴に振る舞う青年の精神に心打たれる。赤は軍服、黒は僧服、または共和主義精神と労働主義を意味。不条理なことを最後まで宿命として受け入れなければいけなかった当時のフランス社会が、あまりに悲憤で溢れていた時代であったかを知る。頭に浮かべたベルフェゴールの風刺詩のように結末を終えた意味はなぜであったかを考えずにはいられない。

さっとる◎

面白かった!読み終わって感じるのは宝石のきらめきのような美しさ。フランス革命を経てナポレオンが台頭し没落した後の王政復古の時代。市民が立ち上がる七月革命を目前にした激動の時代。そんな時代に生きてしまったジュリアン。清らかな魂を持ちながらも時代に飲み込まれ、自己肯定の為出世という野心を燃やす。恋愛を出世の為の義務とし、誰でも自分のことしか考えないと自分に言い聞かせて実際にとる行動と、それと矛盾する心理を愛する心。自分を恩知らずだと思いつつ、どうにも変わりようがないことをたまらんと感じる繊細な心。→

2015/05/23

速水こもみち

納得する部分もあり、共感する部分もあって、正しい表現ではないかもしれないがジュリアンの上下する心理描写は楽しめた。作者が描こうとしたことを感じるには、この時代のフランスについてもう少し勉強しなければ。

2016/01/31

感想・レビューをもっと見る