読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新・コンピュータと教育 (岩波新書)

新・コンピュータと教育 (岩波新書)

新・コンピュータと教育 (岩波新書)

作家
佐伯胖
出版社
岩波書店
発売日
1997-05-20
ISBN
9784004305088
amazonで購入する

新・コンピュータと教育 (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

白川静の漢字学にしたがい、遊具にしたてたソフトウェアがあるとのこと。 「ひと」1991年8月、1992年5月号に特集有。道具として使う努力の紹介は読んでいても楽しい。「学びを支援する道具」岩波新書一覧 http://bit.ly/12LkZWe

2012/07/14

KAZOO

この本の11年前に同じ題名の本が出版されています。著者は昔の改定版ではなく、まるっきり新しい本を書いたといっています。教育とコンピュータとの関連でどのように利用していけばいいのかを理論的あるいは論理学的な手法で方向性を与えてくれています。ただこの本も1997年に書かれているのでさらに新しい本を出してもらったほうがいいのかもしれません。タブレット端末も導入されているし。

2015/10/05

でんすけ

1997年の本で、話題がすでに時代遅れの感。機械への愚痴が多くて面白い。言われてみれば、機械の複雑化する機能は直感的な使いやすさを犠牲にしている。こんな作者がこんな課題に取り組んだばっかりに、ぼんやりと教育の未来を提言する程度の結論になっている。ただし、子供の学びについて、教師は学習者の知の営みに寄り添う媒介者となる。とあって、先生がコンピュータを教えるのではなくて、動機付けや興味関心を持たせることに役割があるとした点には同意できる。しかし実際の方法や評価をどうするかなどはなく、まったく具体的でない。

2019/09/01

shishi

[B]

2008/08/16

感想・レビューをもっと見る