読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

勇気ってなんだろう (岩波ジュニア新書)

勇気ってなんだろう (岩波ジュニア新書)

勇気ってなんだろう (岩波ジュニア新書)

作家
江川紹子
出版社
岩波書店
発売日
2009-11-21
ISBN
9784005006397
amazonで購入する

勇気ってなんだろう (岩波ジュニア新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

著者の生き様を学ぶ庵さん

子供が借りてきた本。有名な江川紹子さんが勇気ある6名を取り上げていますが、いずれも真似のできない大変な人生です。子供に真似されてもなあ、複雑な心境。

2016/07/24

しゅわっち

ちょっとショッキングな本でした。著者は、既存メディアが大切な事を報道しない事に憤りを感じてるようにも思えた。この本で何が正しいかを考えさせられる。何か疑問に思つた事を流されないで考える必要性を説いている。記者クラブという名の基に談合をする場になっているように思う。組織を批判できないメディアがあるだけに思う。電波ーオークションなどで既存メディアがなくなるのも時間の問題なのかも知れない。

2020/09/27

もも

図書館から。生活を一変する、命にかかわる、周りからのバッシングなどを覚悟してのさまざまな勇気。小説の中に隠れているメッセージではなくて、野口健さん、山本譲司さん、蓮池透さん、仙波敏郎さん、高遠菜穂子さんの体験なので、ダイレクトに伝わってきます。当時のことはざっくりとしか知らなかったけれど、子ども向けに書かれている本書を読むことでよくわかりました。特に高遠さんのところでは涙が出そうになりました。海外からはイスラエルの人々。パレスチナとの関係もわかりやすく書かれてました。(続く)

2012/06/15

ほっそ

一番知らなかったのが、イスラエルの人々のことでした。この国にも兵役拒否をしたり、パレスチナの人々と交流している方がいるとは・・・ずっと一枚岩だと思ってたけど、世の中そう単純ではないはず。いつの時代も「少数派」はつらいけど、自分の意志を貫くのは、勇気がいることです

2010/06/21

雨巫女

これは、大人こそ読むべき本だと思います。信念を持って、孤立しても、批判されても生きていく。かなり、勇気がいることだ。私が出来る自身はまったくない。

2010/09/11

感想・レビューをもっと見る