読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

知の遠近法 (岩波現代文庫)

知の遠近法 (岩波現代文庫)

知の遠近法 (岩波現代文庫)

作家
山口昌男
出版社
岩波書店
発売日
2004-10-15
ISBN
9784006001308
amazonで購入する

知の遠近法 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あかつや

著者の専門である文化人類学の本なのだが、扱われる題材がものすごく広い。おなじみ現地でのフィールドワークの話から、漫画『のらくろ』や映画について、歴史や医学なんかも。なかでも週刊誌とTVという2つのマスメディアに関して述べられた2つの章が印象に残った。これが発表されたのは70年代でいまや遠い昔に思えるが、内容が現在とそのままリンクするようなのだ。なぜそんなことが起こるのか、それは著者の論の普遍性というのもあるだろうが、それよりなによりマスメディアが全然変わっていないからだろう。そりゃマスゴミって言われるわ。

2019/08/18

qwel21

山口さんのフィールドワークの様子や周囲の人たちのとの交わりが書かれていて、どのように考えてきたのかの軌跡が見える。文化人類学の知識はあまりないので、正直言って知らない術語だらけ。他の本も読んでみようっと。

2010/03/18

こーへい

文化人類学者、山口昌男による評論集。以前読んだ「文化人類学への招待」より語り口が柔らかく、エッセイ集に近い印象を受ける。ティモールでの調査から週刊誌ゴシップの構造、国際学会での一幕など扱う対象は様々だが、特に田河水泡の漫画「のらくろ」に対する考察が個人的に印象的だった。「のらくろ」の描写と戦争との関連性、戦前の世代に対するその精神的影響など興味深い分析が多く、また記号論・神話性など複雑なテーマが並ぶ中で大衆漫画からも同様の主題を鮮やかに導く氏の姿勢が、この書籍で扱われる領域の幅広さを象徴するように思えた。

2016/07/30

sevengong

1970年代の「知の先端」を圧倒的な知識量と活動量で走り続けている様子が感じられる。ここから現在まで何がどこまで進展したかわからないが、この本を糸口にして調べてみたくなりました。

2012/08/19

ダージリン

知の遠近法というのは何とも絶妙なタイトル。学際的な知に裏打ちされた山口氏の縦横な筆致は味わい深い。

2010/12/14

感想・レビューをもっと見る