読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファンタジーと言葉 (岩波現代文庫)

ファンタジーと言葉 (岩波現代文庫)

ファンタジーと言葉 (岩波現代文庫)

作家
アーシュラ・K・ル=グウィン
青木 由紀子
出版社
岩波書店
発売日
2015-03-18
ISBN
9784006022600
amazonで購入する

ファンタジーと言葉 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Die-Go

追悼ル=グウィン。図書館本。名高き『ゲド戦記』の著者ル=グウィンが、主に「言葉」について語るエッセイ・評論集。ル=グウィンのものを書くことに対する姿勢が存分に窺える。セクシャルなことに対しての言及もあり、ル=グウィンのジェンダーの視点がかいま見えるのも面白い。★★★☆☆

2018/02/20

はづき

ファンタジーが、物語が読みたくなる!! 理知的、理性的、倫理的と、感覚を語るときすら「理」が似合う文章でした。素敵な大人の女性。小学生のときに読んだゲド戦記の記憶はほとんどうすれてるけど、たしかにそんなメッセージこもっていたなとあらためて。ゲド戦記、読み返したいなぁ。

2016/01/06

antoinette

原題はヴァージニア・ウルフが言葉より遥かに深いところにある創造のリズムを呼んだ「心のなかの波(The Wave in the Mind)」。「ファンタジーと言葉」では読者が限定される危惧があるし、しかも内容はファンタジーのことばかりでもないので、誰も得をしない改題ではないかなあ。――内容はただただ素晴らしいエッセイ集で安定のル=グイン節ハズレなし。何から感想を書けばいいのやらわからないくらいトピックは多岐に亘るが、個人的には、「眠り姫」の美しい解釈を示した「内なる荒地」が好き。(続く

2017/02/04

ぼけみ庵@積読大魔王

外出先の書店で見つけて購入。私にしては珍しく積ん読せずに読み始めた。ル=グウィンはゲド戦記や『闇の左手』などのSF作家としてしか知らなかったのだけど、内容は広義の文学評論を中心に収めたエッセイ集で、これを読んで印象が大分変わった。内容が濃く、改めて教えられるところが大変多かった。今回は精読はしたけど、ざっとでもよいから今度折を見て線を引きながら再読したいと思っている。

2015/06/22

ハルマッチ・ハセ

著名な作者が至る所で行った公演や、他の本の前書き後書きを纏めた一冊。このような本は四冊ほど出てるらしく評判良さそうだ。背伸びしない等身大の「わたし」のとらえ方に非常に好感が持てる。あくまでも自分は物語が大好きで、常に読者の立場にいて、創作は膨大に溜まった知識をたまたま出したにしか過ぎない。やはり変なルールにはチクリ。ただの体験談を本人がファンタジーだと発表したらファンタジーになる、と言うのはおかしいやろ。そうそう。賞取ったから素晴らしい作家とは違うんやで。賞は賞。創作意欲を消すもんなんかじゃないで。

2018/01/06

感想・レビューをもっと見る