読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

迷子の自由

迷子の自由

迷子の自由

作家
星野博美
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022502537
amazonで購入する

迷子の自由 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tu-bo@散歩カメラ修行中

☆四つ とても面白かった。再読するかもしれない。        大好きな星野博美さんの本。見開きページに写真、そして原稿用紙三枚程度のエッセイ。写真とエッセイというハイブリッドな表現。身に滲みた。冷めた静かな文体。よけい身に滲みました。

2014/10/19

鯖頭(さばあたま)

映像にノンフィクションはありえない、必ず撮り手の主観がはいっているから、と言ったのは森達也だったか。写真でも絵画でも、横にそえられたタイトルで印象が一気に変わってしまうことがある。そういう意図があったのか、そういう視点で見なくてはいけないのか、と作者の思惑に引きずられる。写真とテキストのセットってのは最強ですねー、吉本ばななの「絵が描けてたら小説家になってない」という発言を改めて納得。写真俳句ってのもあるけど、テキストの足りない部分を写真に補完させるって点ではずるいのかもね。

2017/02/21

これでいいのだ@ヘタレ女王

転がる香港に苔は生えない、、、の勢いは感じられないが、写真とエッセイでゆるーく まったり休日の読書が楽しめました

2013/09/23

makimakimasa

1つ1つの表現や感性が冴え渡るフォトエッセイ。1つの題に文章と写真が見開き2ページずつで、日常生活(東京郊外)の中に2回の海外旅行(インド、重慶)が挟まる構成。農家直売の野菜にときめき、人間観察の中で感じた違和感、若い頃とは異なる旅との向き合い方、自由や記憶について考察、そして風景の中で失われていく物を拾い集める。そんな珠玉の文章群に、街角の植物と動物と構造物と人間を切り取った写真達が相まって、読者の心を捉えて離さない。著者と同じく、武蔵野で今月1人暮らしを始める友人がいるので、本書をプレゼントしたい。

2020/07/11

ウメ

彼女の拾い上げる小さな視点がとても面白い!身の回りの出来事をひとつひとつ吟味・消化していく作業って大事よねぇ。写真とエッセイが併さることで、各々の写真に込められた想いをより深く感じとることができて嬉しい。

2014/04/28

感想・レビューをもっと見る