読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天使のとき

天使のとき

天使のとき

作家
佐野洋子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-12-05
ISBN
9784022504517
amazonで購入する

天使のとき / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

魚京童!

息子じゃなくて、娘が生まれていたらどうなっていたのかすごくきになるのです。

2015/05/23

ツキノ

登場人物はチチ、ハハ、語り部のナナ、そしてアニ。ナナはアニを「ニイさん」と呼ぶ。私小説に近いのかな。『シズコさん』を再読したくなる。

2015/08/04

ごろちゃん

佐野洋子の作品を初めて読む方にはお勧めしない。「シズコさん」を読んでからの方が、理解されやすいと思います。春画なのですね。大人向けの絵本のように感じました。これは佐野洋子の上級編。「シズコさん」の中で、母に愛されなかった未消化の気持ちが描かれていましたが、この作品は言葉は少ないが、もっともっと思いは強烈で深い。ページが進むにつれ、ねじれてしまった想いが戻れないところにまできてしまう。どうしたらハハへの思いを捨てることが出来るのか。シュールな笑いに包みながらも、佐野洋子が血をにじませて葛藤している。

2012/09/16

myaown

佐野洋子の本は2冊目。もしもコレが最初の出会いならもう他は読まないだろうと思う。佐野洋子というヒトのことが先に解っているのといないのとでは印象が全く違うかもしれない(少なくとも自分はそうだった)いつもタイトルのことなど忘れて本編を読むが途中でコレは何の話だっけ/とタイトルを見直した。こんな天使の捉え方を他に知らない。既成概念を取っ払って物語に入り込むことをおススメする。母になったことのあるヒトなら「やはり子どもは自分を選んで生まれてくるのか」と思うのだろうか?

2018/01/17

gitta

なんだか佐野洋子さんをいとおしく思ってしまった。人間を問い詰めていった感じが、もう唯一無二。

2011/12/15

感想・レビューをもっと見る