読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

語前語後

語前語後

語前語後

作家
安野光雅
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-11-20
ISBN
9784022505132
amazonで購入する

語前語後 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

空腹ライフセーバー

あふれる教養、バンカラと反骨心、枯渇しない好奇心。老いて盛ん、死を前になお、前向き。すてきなおじいさんになった。人生の師のひとりである。

2008/12/13

たあこ

安野さんの絵は以前から絵本で知っていた。253編のショートエッセイの中で笑ってしまったものがある。それは“モリオウガイ”という貝があると思っていた女子高生がいたとのことで、かの文豪は天国で苦笑しているかも。

2013/05/16

tama

図書館本 つなぎ兼シリーズで書棚から 終わり近くの森さんとの対談がかなり面白かった。もっと理系の話になっていくかと思ったら意外とそうでもなかったけど。「リアリズムとは嘘を描くこと」というのは意表を突かれた思い。

2014/11/21

magurit

算私語録を読み返しました。

2008/12/16

koba23

今だとtwitter的に話をまとめた感じか。

2011/09/08

感想・レビューをもっと見る