読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天海の秘宝(下)

天海の秘宝(下)

天海の秘宝(下)

作家
夢枕獏
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-07-07
ISBN
9784022507648
amazonで購入する

天海の秘宝(下) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

文庫フリーク@灯れ松明の火

正体不明の《天海の秘宝》その秘宝は天海の建立した退魔寺に有り。但しその隠し方尋常にあらず。地下に巨大な穴を掘り、秘宝を保全する石室を造る。その上に江戸城の掘を造るのに掘った多量の土を盛り上げ、当麻山という人工の山を造りあげる。その山頂に、宝物殿の扉を開く鍵を預けた退魔寺を建立する。秘宝へ辿り着くには、まず地下の宝物殿まで達する穴を掘らねばならない。この退魔寺での攻防が一つの見所。シャモンの如き猫・悟空、飛狗のような犬・夜叉丸がアンドロイドならぬアニマロイドであったり、武蔵がその脳以外、殆ど機械の身体→続く

2012/08/25

海猫

最後のSF展開が話を広げるよりも小さくまとめる効果になってしまい、もったいない

2010/07/11

miroku

荒唐無稽かつ破天荒。 これでこそ夢枕獏♪ でも、未完のあれやこれや・・・完結させてね!

2011/01/20

カツイチ

下巻に入り、吉右衛門のキャラを見失ったようで戸惑ったが、そういうオチであったか!「うぴゅぴゅぴょぴょぇ」とびっくりした。サービス精神旺盛でいろんな要素がテンコ盛りのごった煮。返って冗漫になってしまった感あり残念。しかし、あとがきで「おもしろい」を連呼する自画自賛ぶり。誰よりもまず作者自身が楽しんだ作品だったようです。獏サンの作品はその点、読んでいてこちらも楽しいのです。

2010/12/03

Pascal Nantoka

だんだんサイエンス要素が出てきて日本版ダヴィンチ・コード(?)と思ってしまったが、下巻の中盤まで出てきてさらに裏切られてしまった。これ時代劇だよね、いままでぜんぜん時代劇で違和感なかったのにこんなところで突然SFになるか普通!(;゚Д゚)と正直絶句してしまいました。内容も私は好きです。それにしても3人の吉右衛門が結局解けなかった謎の宇宙船のようなものはいったい誰が作ったのかきになるところ。海外の作家さんはよくオカルトと歴史とサイエンスを折り混ぜたSFを作るが、まさか夢枕さんがやるとは。

2015/06/30

感想・レビューをもっと見る