読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

江戸を造った男

江戸を造った男

江戸を造った男

作家
伊東潤
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-09-07
ISBN
9784022514097
amazonで購入する Kindle版を購入する

江戸を造った男 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

図書館本。河村瑞賢という名前を聞いたことある程度の知識でした。江戸を造ったというのは?越後治水と畿内治水に尽力した様を描かれてたので、江戸にも貢献したかも知れないが今作品では新井白石を見いだしたぐらいしか読み取れなかったです。ただ治水工事など一介の商人が人を掌握していくか大変勉強になりました。

2016/10/09

starbro

伊東潤は、新作中心に読んでいる作家です。タイトルを見た時に「家康、江戸を建てる」と思いっ切り被っていると思いましたが、内容は全く異なりました。「江戸を造った男」というよりも、「江戸時代の公共工事請負人」といった感じです。河村瑞賢の物語は初めてだったので、大変新鮮でした。多少私の仕事とも共通点があったので、興味深く読みました。民活がされていたことが、260年余、江戸時代が維持された一つの要因なのかも知れません。

2016/10/14

takaC

門井慶喜『家康、江戸を建てる』には大勢のヒーローが登場したが、この本の主役は河村瑞賢(七兵衛)ただ一人。

2018/05/08

あすなろ

大欲・大利・徳望の人、河村瑞賢は、経世財民である。彼は、長期に亘る江戸時代の継続の礎を様々なインフラ作りをした隠居願う商人。捉え方によっては、総合商社やスーパーゼネコンに勤務する定年過ぎても再雇用されるいい人の現代の物語かのようだ。否、こうした人であったなら、現代でもインフラ作りに奔走しているに違いない。こういう現代における商人になりたいものだ。更に新井白石迄、タニマチとして育てた。以上、いいのだが、伊東氏としては緊迫感少なめと印象だった。直木賞受賞作とはならなかったのはそういう点か?

2016/10/27

あさひ@WAKABA NO MIDORI TO...

久しぶりに読む伊東作品。戦国ものの印象の強い氏の作品には珍しく、江戸の商人の一代記です。国家としても重要性の増す西回り海運航路の整備、越後国上田銀山の開発、淀川と大和川の治水工事と、一介の商人である河村屋七兵衛(瑞賢)が幕府からその手腕を認められ、次々と難事業をやり上げていきます。何事も、無理だ、できないと思ったらそこで終ってしまいますが、その先へと進んでいく勇気を与えてくれる一冊となりました。いつもと少し違った伊東さんの一面を見せてもらった気がします(*^^*)

2017/05/30

感想・レビューをもっと見る