読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ガリバー旅行記

ガリバー旅行記

ガリバー旅行記

作家
柴田元幸
出版社
朝日新聞出版
発売日
2022-10-07
ISBN
9784022518651
amazonで購入する Kindle版を購入する

ガリバー旅行記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ズー

面白かったーーー!!!ガリバーといえば絵本とかで読んだ記憶だったけど、こんな長編だったとは!好きな翻訳家さんだったし、分厚いけどチャレンジしてみようと思い読んでみたんだけど、まぁ面白い。ワ●ピースのアイデアも結構ここから来てるのでは?と思ったり。とても300年前の話とは思えない。注釈でこれまた面白さ増すし、最高の一冊。

2022/11/28

Odd-i

老年期のための大人の児童書『ハックルベリー・フィンの冒けん』で大いに楽しませてくれた柴田氏が今回翻訳してくてたのは、今から300年ほど前に刊行され今なお読み継がれている超名作。 第一部の小人国への旅で味を占めたガリバーが次に出会うのは巨人国。そして空飛ぶ島 、更には理性的な馬と獣的な人間もどきの世界。これらの見聞から浮かび上がる人間の愚かしさを実にハードに諷刺。 それにしても、これ程まで痛烈に英国政府を、英国王室を批判している作品だったとは! この度も大人の児童書、すこぶる楽しませてもらいました。

2022/11/19

四不人

朝日連載中にほぼ読了。注釈入りで読むと全然印象が違うなあ。様々な風刺要素や政治的当てこすりみたいなものが分かると分からないとでは全然印象が違う。特にリリパット編はそうだった。日本編があれば良かったのに。ちょっとしか登場しないもんな。

2022/10/10

キカイ

子どもの時に何かで観た馬の謎が解けた。小気味よく読めたのは、柴田さん訳のお陰だと思う。

2022/11/11

Hisashi Tokunaga

朝日新聞連載中に読破した。注釈がすさまじく奥深いものがあった。とにかく人と国家を当時の英国に準えて余すと頃のない諧謔趣味満載。必読の書かも。

2022/10/25

感想・レビューをもっと見る