読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

やっぱり行きたい恨ミシュラン―史上最強のグルメガイド

やっぱり行きたい恨ミシュラン―史上最強のグルメガイド

やっぱり行きたい恨ミシュラン―史上最強のグルメガイド

作家
神足裕司
西原理恵子
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022568991
amazonで購入する

やっぱり行きたい恨ミシュラン―史上最強のグルメガイド / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

RED FOX

久々の再読、面白いなあ。94年の作品ですかあ、しかし若き?サイバラのパワフルなこと。最近の偽装料理問題を思い出しました。どんな一流料亭でも美味しくないと思ったら笑いに変えてしまう彼女にブランド信仰はないのだろう。

2013/11/02

Pochi

世の中のグルメ本って、たいていほめてばかり。それって逆にほんとかなって思ってしまう。世間ではそういうグルメ本を片手に食べに行く。紹介されたお店にいったことが自慢になる。そういう風潮にメスを入れたのがこの恨みシュランシリーズ。当時はネット情報などというものはなくて、マスコミの紹介された情報のみが真実と思われていた。グルメ本で紹介されたお店は本当においしいのか? 今ではネットであらゆる口コミがあるのでありがたい。逆に迷うこともあるが。

2018/05/06

fred5963

相変わらず西原氏の漫画ばかり読みました。そういやぁ鉄人とか「こだわりの〇△◇」(こだわりの云々って言い方嫌い)とかの時にもばっさり切ってくれたら気持ちよかったのになぁと昔を思い出して遠い目。。。。

2009/11/11

Gen Kato

再読。このシリーズ(とくにサイバラ先生の絵)は毒もギャグもツッコミもひたすら強烈だけど、基本にきちんと「批評眼」があるから、決して不快ではない(お店側の感情はともあれ)。後半の抒情漫画がまたいいんですねえ。

2015/11/03

noko

サイバラさん相変わらず、毒っけたっぷりで、おもしろかったです。 かなり古い本だけど、内容は面白い。 こういう歯に衣着せぬ人って、必要だと思います。

2012/03/22

感想・レビューをもっと見る