読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

長谷川町子全集 (1) サザエさん 1

長谷川町子全集 (1) サザエさん 1

長谷川町子全集 (1) サザエさん 1

作家
長谷川町子
出版社
朝日新聞社
発売日
1997-04-01
ISBN
9784022570710
amazonで購入する

長谷川町子全集 (1) サザエさん 1 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スリーピージーン

改めて新聞4コマ漫画としての歴史を感じました。私たちのおなじみのアニメのサザエさんは別物のように思えます。戦後の市井の人々のたくましさ、明るさ、賢明さを想います。お父さん(波平さん)のことをパパと呼んでるよ?意外です。数々の終戦直後のエピソード。今の若者が読んで意味がわかるかな?私でさえやっと解るところもありました。

2020/07/19

うどんちゃん

テレビで見るサザエさんとは違った感じがした。配給とか戦後とかそういう言葉がちらちら出てきて、ああ、こういう時代にサザエさんは作られたんだなーとあらためて思った。

2013/05/04

踊れない人

図書館本。 1997年4月15日 第一刷印刷  1997年5月1日 第一刷発行 当時はこんな感じだったのか・・・。今は、初版発行とか発行しかないですよねー。 当時は、こんな感じだったのか・・・。←配給という設定が古い気がする。 2/28放送のジローやジローも載ってます。(笑) 

2016/02/28

チカッティ

理想の家族みたいな雰囲気のアニメのサザエさんとはちょっと違ったお話で面白かったです。波平さんもフネさんもちょっとおっちょこちょいで、なんだかうふふ。引揚者やら配給やら時代を感じさせる日常が今のアニメと違っていました。

2014/04/13

独身時代のサザエさんがハイカラでかわいい。みんなの性格がアニメとは違うところが興味深かった。漫画の方が嫌味がなくて好きだなー。戦後の混乱をユーモラスに描くのって難しいと思うけど、さすがのおもしろさでした。マスオさんとの出会いも読みたかったなー!※表紙が違うけどないのでこちらで登録。

2013/06/11

感想・レビューをもっと見る