読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

居酒屋と県民性 47都道府県ごとの風土・歴史・文化 (朝日文庫)

居酒屋と県民性 47都道府県ごとの風土・歴史・文化 (朝日文庫)

居酒屋と県民性 47都道府県ごとの風土・歴史・文化 (朝日文庫)

作家
太田和彦
出版社
朝日新聞出版
発売日
2022-06-07
ISBN
9784022620675
amazonで購入する Kindle版を購入する

居酒屋と県民性 47都道府県ごとの風土・歴史・文化 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

太田さんの本、42冊目。今まで読んできた本もすべて居酒屋をテーマにした著書ばかり。これだけ読んでいると、内容は重複してくるが不思議と飽きない。居酒屋への愛情が込められているからだと思う。本作は全国の居酒屋を通して、それぞれの都道府県の県民性をまとめたもの。居酒屋では生の人間性が出るのでその生態を知るにはぴったりかもしれない。確かに風土や文化と結びついて、述べられる県民性は結構当たっているような気がする。県ごと紹介され、その土地のお気に入りの居酒屋のリストも載っていて、訪ねてみたくなること必至だった。

2022/06/20

zaku0087

文庫化されたもののようで、最新居酒屋データブックではないが、県民性の違いを独断と偏見で(優しげに)語っているから、まあ間違っていても構わないよと言う感じで読めば良い。他人様の兼ん民生は笑って、自分のホームについての偏見には悪態をつけて読むとすっきりする。酒でも飲みながらのんびりページをめくるのが正しい読み方でしょう。

2022/07/04

ひろき

簡潔明瞭

2022/07/01

感想・レビューをもっと見る