読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

斜影はるかな国 (朝日文芸文庫)

斜影はるかな国 (朝日文芸文庫)

斜影はるかな国 (朝日文芸文庫)

作家
逢坂剛
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022640994
amazonで購入する

「斜影はるかな国 (朝日文芸文庫)」のおすすめレビュー

なぜ在宅での仕事は集中できない? 在宅勤務を史上最高にアップデートするノウハウ

『在宅HACKS! 自分史上最高のアウトプットを可能にする新しい働き方』(小山龍介/東洋経済新報社)  在宅での仕事が当たり前になりつつある。これまではあくまでも非常時の働き方であったが、最近は風向きが変わってきた。富士通などの大手企業が在宅勤務への移行を発表したことなどから、これから続く企業もどんどん出てくるだろう。筆者が勤める会社でも在宅勤務が続いており、先日はついに仕事用の椅子を購入した。なんでもっと早く買わなかったのか…と後悔するほど座り心地が良く、腰が疲れなくなった。やはり環境は大切である。    こういった働き方が当たり前になっていく中で、そろそろ本格的に在宅環境を整えたい――そう考える社会人におすすめしたいのが『在宅HACKS! 自分史上最高のアウトプットを可能にする新しい働き方』(小山龍介/東洋経済新報社)。疲れにくい椅子、モニター、リラックスできるスペースなど、当然のようにオフィスにあったものが家にはない。また、仕事の進め方やキャリアプランなど、在宅勤務になったことでの変化は大きい。2008年に会社を辞めて以来、在宅を中心に仕事…

2020/9/2

全文を読む

『ソマリと森の神様』『かくしごと』…今だからこそ親子で一緒に観てほしい、親子愛を描いたアニメ4選(後編)

 新型コロナウイルスの影響で、おうち時間が増えている昨今。おうちで家族と一緒に過ごす時間も増えているのではないだろうか? 「親子で一緒に楽しめる作品はないかな……」とお探しの人に向けて、家族の絆や親子愛を描いたアニメ作品を前後編でご紹介! 前編では『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』と『宇宙よりも遠い場所』を紹介したが、後半の今回は…。ここで取り上げるアニメを観ながら、笑って、泣いて、家族と過ごすおうち時間を、さらに充実させてみてはいかがだろうか?

お父さんはゴーレム!? 異種族2人の親子愛を描いた『ソマリと森の神様』

『ソマリと森の神様』(暮石ヤコ/コアミックス)

「異世界もの」と聞いて、みなさんはどんなイメージを持たれるだろうか? 超人的な能力を持った主人公が大活躍して、異世界のヒロインを救出する…そんなシーンを思い浮かべる人もいるかもしれない。しかし、『ソマリと森の神様』は、そうしたヒロイズムとは一線を画すテーマを持つ、異世界ものとしては異色の作品となっている。

『ソマリと森の神様』では、なんと森のゴーレムと人…

2020/8/25

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「斜影はるかな国 (朝日文芸文庫)」の関連記事

世界一周!…に行ったつもりでゆる~く楽しむコミックエッセイまとめ【連載①/アジア・インド】

 GW、特に今年のような長期連休中は「どこか旅に行きたい…!」という気持ちが強くなるもの。とはいえ予算やスケジュールの都合で現実的に旅行へ繰り出すのが厳しい人も多いのでは? そんな時は、笑えてためになるコミックエッセイで旅行気分を味わってみるのはいかがだろう。世界をほぼ一周する6回連載。第1回は、アジア・インドの旅4冊を紹介! 

韓国へ一人旅したい女性が増えている!?

『韓国 女ひとり旅』(ミカヅキカンナ/中経出版)

 韓流ドラマやK-POPが大流行して以来、韓国ファンになった女性は多いはず。距離的にも日本から近いため、実際に何度も足を運ぶ人は多いようだ。するとなかには、「今度は一人旅をしてみたい」といった考えに至る女性も。同書は、そんな一人旅願望を持つ人におすすめしたい一冊。

 現役OLである著者のミカヅキカンナは、韓国旅行のヘビーなリピーター。彼女が実際に味わったカルチャーギャップや珍エピソードなどを交えながら、“女子一人でも楽しめる”観光情報を紹介している。旅行に役立つマップや会話も収録されているので、実際に韓国へ行く時にも活躍してくれる一冊だろう…

2019/4/29

全文を読む

「いのりんと小野Dが出るなんて楽しみすぎ!」『ソマリと森の神様』が水瀬いのり&小野大輔の出演でアニメ化決定!

『ソマリと森の神様』5巻(暮石ヤコ/徳間書店)

 WEB漫画サイト『コミックぜにょん』で連載中の『ソマリと森の神様』が、2019年秋にアニメ化されることが決定。水瀬いのりと小野大輔の出演も決定し、「いのりんと小野Dが出るなんて楽しみすぎ!」と話題になっている。

 暮石ヤコが手がける同作は、異形のものばかりが暮らす世界を舞台とした物語。人間たちは迫害を受けて減少し、絶滅の危機に瀕しているようだ。そんな世界の片隅にある森で、番人として生きる種族“ゴーレム”が人間の少女・ソマリを拾う。ゴーレムを「おとうさん」と呼びはじめたソマリを連れ、ゴーレムは生き残っている人間を探す旅を始めた。

 奇妙な“父娘”が繰り広げる物語は、「ほのぼのとしていて癒やされる」「幻想的な温かみのある作品」「背景や自然の書き込みが細かくて見入ってしまう」と読者に大好評。アニメではソマリを水瀬、ゴーレムを小野が演じ、アニメーション制作は『創聖のアクエリオン』『長門有希ちゃんの消失』『マクロスΔ』などを手掛けた『サテライト』が担当する。

 水瀬はソマリというキャラクターについて、「とにかく無…

2019/4/3

全文を読む

関連記事をもっと見る