読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おはなしの知恵 (朝日文庫)

おはなしの知恵 (朝日文庫)

おはなしの知恵 (朝日文庫)

作家
河合隼雄
出版社
朝日新聞社
発売日
2003-12-12
ISBN
9784022643216
amazonで購入する

おはなしの知恵 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

個人的にアイヌの昔話が一番興味深かった。さまざまなコンプレックスの象徴のような気がした。日本的な家族の在り方、女性の在り方と同時に海外の民話との比較もなされている。

2012/05/25

フローライト

【課題図書】昔話から見る西洋諸国と日本の相違点。こんなにも如実に現れるとは……。私は小さい頃”笠地蔵”の話が大好きで、何度も母に読んでもらっていた(らしい。母談)笠地蔵は老人が主役で若い男女など影すら見えない。正に典型的な日本の昔話だったのだなあとしみじみと思った。私は沢山の昔話を耳にしながら育ってきたような気がする。私たちはおはなしに支えられている、というのは強ち間違えていないだろう。

2015/01/22

イー

再読なので、いわゆる昔話、特に大人からみると残酷とも思える展開が、実は人にとって必要なものだということを再確認する読書となった。ただ、この頃からその必要性が指摘されているのに、現実には反映されていないことにがっかりした。子どもにとっては、一人で観るリアルな映像ではなく、信頼できる大人に読んでもらうという、安心を保証された中での体験に意味があるという所が認識されていないように思う。また、白雪姫が毒の林檎を食べなければ、「おばあさんになるまで小人たちと平和に暮らしました。」という話になるというのには笑った😅

2020/05/09

猪子恭治

物語ることによるカタルシス。物語ることによる癒し。物語は、心の深層と表層を繋ぐ架け橋。深層と表層が切れたとき、人は壊れる。だから、神話は連綿と続く。

2004/05/14

この本に書いてあるように、母性には限りなく子供を慈しむ側面と、子どもを憎み死すら願う側面があるとすれば、現代社会は「母」という存在に慈しむ“善”だけをひたすらに強いているのではないか。昔の人は自分の中の悪を継母のかたちにしてなんとか心の均衡を保ったが、おはなしを持たない現代人はどうすればいいのだろう。本自体はとても読みやすく、一気に読めた。

2012/03/30

感想・レビューをもっと見る