読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫)

田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫)

田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫)

作家
丸山健二
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-05-06
ISBN
9784022646095
amazonで購入する

田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

伊藤健太郎そっくりおじさん・寺

一気に読んだ。これでもかと読む者や田舎の人を攻める本。身が締まる思い。かなり刺激的。キーワードは自立。最終章はフォローっぽい(笑)。三浦しをんの解説に救われる。

2011/05/10

mazda

私自身「田舎の田舎」育ちなので、丸山さんの論調は多少極端だと思いながらも、概ね賛成でした。田舎はとにかく人づきあいが大変です。人口が少なく選べる友達も少ないのに、嫌な連中だけは山盛りいて、狭い世界でどうしても顔を合わせるはめに…。田舎暮らしにあこがれる、特に子供のまま大人になった団塊の世代については、丸山さんも手厳しく指摘していますが、全く同感です。結婚して面倒見のいい第二のママをゲットした旦那と、年をとって尚恋に生きようとする妻。何をしても自由ですが、人の世話にならずに自分の身は自分で立ててくださいね。

2018/07/30

みずあさぎ

よくもここまで田舎と、定年退職後に田舎へ行こうとしている人のことを悪し様に言えたものだと呆れる。著者が田舎住まいなので説得力はあるけれど、100%悪口だけの本というのもすごい。途中から、流石に言い過ぎ、と苦笑してしまうほど。解説を書いた三浦しをんさんは、本作を読んで爆笑したとのこと。確かに悪口も突き抜けると面白さが出てくるかも。田舎の閉鎖性、定年退職者の未熟さ、それらを交互に語る。読み終わった後、不思議とそんな地獄のような田舎に住んでみたくなった。田舎で役に立つのは槍、肝心なのは相手の鳩尾を突く練習て……

2019/04/24

フクミミ

これを読んだらTVの「人生の楽園」なんぞおとぎ話のように思えてくる。 自然が美しいところ=生活が厳しいところの件に思わず膝を打つ。プライバシーがなく、お互いを監視しあうかのような濃密な人間関係。 田舎暮らしの予想を超えた不便さと不快さと出費の多さ。まずなにより人間として自立していない60歳の男が田舎暮らしなんぞ、出来るわけないだろうと丸山氏は言う。良い事を書いているのだが、文が長く、読み辛い。酒の席で同じ話を延々と話すオヤジのような鬱陶しさを感じた。 私は「住めば都」では無く「住むなら都」がイイ。

2016/02/09

めえめえ

定年後の田舎暮らしの紹介本は数あれど、この本は第2の人生を田舎暮らしの実体を皮肉と脅迫で書かれています。因みに我が家は田舎です。空気が美味しい=生活が不便なのは当然。近所付き合いも大変です。自宅の駐車場に車が無いと留守が分かります。田舎でも防犯対策は必要です。そう言えば何処かで村八分殺人事件もありましたっけ。田舎暮らしに不安感を煽る内容ですが、私としては皆さん引っ越して来てね、と思うところ。

2020/04/03

感想・レビューをもっと見る