読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版 宮本武蔵 (朝日文庫)

新装版 宮本武蔵 (朝日文庫)

新装版 宮本武蔵 (朝日文庫)

作家
司馬遼太郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-10-07
ISBN
9784022646255
amazonで購入する

新装版 宮本武蔵 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たつや

司馬さんが実際に武藏の出生地に出向くシーンから始まり、吉川英治婦人と一日違いで二アミスしているのが、少し、運命的だと思う。武蔵については、駆け足でダイジェストといった印象ですが、その分、内容が濃く感じた。晩年はたくさんの、逸話が残されてるようですが、残念ながら、ページの都合で割愛されました。

2016/11/15

kawa

司馬先生には珍しい?中編250頁。武蔵の人生とエッセンスを過不足なくドキュメント風にまとめ上げた印象。サクサク・スピーディーに読了、これはこれで楽しめた。武蔵は、例えるなら年収5,6000万円の取締役執行役員への就任を望んだのだが、暗に相違して、1000万円程度の技術者職の提示を受けたということだろうか。武芸者に対するあの時代の評価の低さには驚くが、それだけに晩年、肥後・細川家に「堪忍分の合力米」という特別な待遇で召し抱えられたのは良かったのではないかな。

2018/07/01

フルケン

司馬遼太郎版の宮本武蔵は、吉川英治版と違い、淡々とその人物像に迫る内容。宮本武蔵の生涯を、やや駆け足で辿って行く。徳川家に高禄で仕官を求める姿は、孤高の剣士という私のイメージからはやや遠いが、より俗っぽくて人間臭く、そこが逆に面白かった。尾張徳川家の指南役、柳生兵庫助の分析によれば、武蔵の強さは技術体系の卓抜さにあるのではなく、彼自身の体に備わった固有の精気を用いる、故に他人には教えられない。この文章に納得。やはり、武蔵は唯一無二の兵法者であると思う。

2016/02/08

しーふぉ

軽めな記述です。吉川英治版宮本武蔵を読みたくなった。柳生兵庫助は武蔵固有の気が武蔵の剣には必要だと尾張藩への仕官を諌めた。表現は平易なのに後継が育たなかった宮本武蔵の本質を言い表しているのかも。

2017/02/08

またべえ

夢想権之助は「神道夢想流杖術」を創始しました。神道夢想流杖術は黒田藩の御留武術となりました。最近では、漫画「鬼滅の刃」にも登場したようです。宮本武蔵も「二天一流」を創始しましたが、「武蔵の兵法は彼だけの兵法であり、人に教授できない」と評されました。そんな二人は、一度試合しますが、どちらかが死んでしまうことなく、生涯交誼が続いたということです。神道夢想流杖術の流儀歌に「痕付けず人をこらしていましむる教えは杖の外にやはある」とあります。命のやり取りが多い中、ホッとするお話でありました

2020/04/14

感想・レビューをもっと見る