読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花宴 (朝日文庫)

花宴 (朝日文庫)

花宴 (朝日文庫)

作家
あさのあつこ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-01-07
ISBN
9784022647634
amazonで購入する Kindle版を購入する

花宴 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はつばあば

昔の娘はあまりにも恋を知らなさすぎる。いえいえ私とて昔は箱入り娘。恋などというものは本の上で知っただけのこと(#^.^#)。花宴、読了後チョロンと涙を流すのだけれど、男も女も言葉が少ない。忖度を知れと云う事かもしれないが、やはり会話と笑い声は一家の柱だと思う。喋り過ぎ、笑い過ぎる私には口を慎めよと娘から・・(?_?)(入院中)

2017/08/29

チアモン

あさのあつこさんの時代物。あさのさんの時代物は好きでよく読んでます。ハッピーエンドではなく切なさが残るけれど大切なものに気づけて良かったのかなぁ。素敵な作品でした。

2019/04/26

June

想い人を心に残したままの結婚は心おどらぬ日々。紀江は不実な女ではない、心の内を憂い息苦しさを感じている。武家の女の品格もある。やがて娘が生まれ幸せな時間が訪れた。それも束の間、娘も偉大な父も失う悲運。残された夫と自分。ふと気付けばすぐ横にいる夫との何気ない会話が心地よかった。それは共に積み重ねた歳月。その重みを想う。夫から知らされた策謀の事実。男はいったん外に出れば7人の敵がいるという。妻の知らぬ敵と闘い家を守ってくれているのかもしれない。そんなことを強く思った。結末は悲しすぎるが、感慨の残る作品だった。

2016/01/18

ぶんぶん

心に誓った人と添えなかった紀江、独り悶々と人生を歩む。 子を成し、子を亡くしそれでも生きていく、そして父も無くし、今また夫まで・・・一人の女性の生き方を、燕に、そして花たちに託して語る「あさの時代劇」、そして、最後に安心と希望が。 父・新左衛門の言葉が沁みる、そんな歳になったのだなぁとつくづく思う。 ただの悲恋物にしないあさのさんの心意気の傑作。

2016/10/15

鍵ちゃん

嵯浪藩・西野家の一人娘・紀江は小太刀の名手。かつての想い人を忘れられぬまま妻、母となり葛藤を抱えつつも穏やかな日々を送っていた。過酷な運命を生きる女性が示す一つの夫婦の形を美しい四季と共に描いた時代小説。最初は恋愛で最後まで行くかなと思いきや、最後は好きだった人と対決しなければならないのが悲しい。そして紀江を支える人々の暖かなが胸を打ちました。

2020/12/24

感想・レビューをもっと見る