読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キマイラ13 堕天使変 (朝日ノベルズ)

キマイラ13 堕天使変 (朝日ノベルズ)

キマイラ13 堕天使変 (朝日ノベルズ)

作家
夢枕獏
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-03-07
ISBN
9784022760234
amazonで購入する Kindle版を購入する

「キマイラ13 堕天使変 (朝日ノベルズ)」の関連記事

『キマイラ』映像化発表! 30年以上書き続けてきた、夢枕獏氏に思いを聞いた。

 あの『キマイラ』が映像化される――そのニュースはファンだけでなく、業界をも驚かせた。その発表がメディアではなく、最新刊の帯やあとがきに記されたものだったからだ。

『キマイラ 13 堕天使変』(夢枕獏/朝日新聞出版)

 1982年『幻獣少年キマイラ』の刊行から36年。KADOKAWAから刊行される文庫シリーズは19巻を数える。異形を身に宿す二人の少年と、神話的な謎を巡る闘いが幻想的かつ繊細に描かれ、ファンを惹き付けて止まない。

 映像化、そして巻を重ね、物語を紡ぎ続けることへの思いを、夢枕獏氏に聞いた。

『キマイラ』映像化! 押井守氏とキャラクターへの思い ――キマイラの映像化はその発表の形も含めて、多くの人が驚きました。

 キマイラは僕が手がける作品の中では、もっとも長く続いている物語です。まだ続いている『餓狼伝』よりも前から書いていますからね。しかし、そろそろ結末が僕のなかで見えてきました。

 実はキマイラには数種類の結末を想定していたのですが、そのうちの幾つかは使えなくなってしまいました。1つはヒマラヤのような場所に向かうイメージで進めて…

2018/6/22

全文を読む

夢枕獏『キマイラ』、押井守監督でアニメ映画化に反響続々「生きててよかった!」

『キマイラ 13 堕天使変』(夢枕獏/朝日新聞出版)

 夢枕獏の小説『キマイラ』が、押井守監督によってアニメ映画化されることが判明。このビッグタッグに、ファンから歓喜の声が上がっている。

 同作は、「キマイラ」シリーズとして1982年から続いている小説。体内に幻獣キマイラを秘めた少年・大鳳吼がたどる数奇な運命を描いていく。今回のアニメ映画化は、2018年3月7日(水)に発売された『キマイラ 13 堕天使変』の帯で発表された。

 原作小説のどの部分が映像化されるのかについては明かされていないものの、アニメ映画化に期待に寄せる声は多く、「はああぁぁぁ! 生きててよかったぁぁぁ!」「絶対に見なければならない」「ひやあああああ! 俺は30年以上待ってたぜえええ」「如何に調理されるのかが気になる!」といった声が上がっている。

 スタッフや公開時期などもまだ発表されていないが、『キマイラ 13 堕天使変』の巻末で夢枕は映画化に対するコメントを綴っている。

『キマイラ』映画化のニュースは様々な言語で世界中に拡散されている。世界が注目する同作の続報に期待しよう。

2018/3/28

全文を読む

関連記事をもっと見る

キマイラ13 堕天使変 (朝日ノベルズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たいぱぱ

何十年も僕の心を熱く燃やし続けてくれるキマイラも、あと数巻でついに完結すると獏さんがあとがきで仰ってます。それまで獏さんが元気でいてくれることを祈るばかりです。僕が真壁雲斎の年を超えない様に願いますよ!シリーズを越えての闇狩師・九十九乱蔵の登場は嬉しかったんだけど、この件要らないと思う。物語を安っぽくしてしまってるような気がします。さぁ、これから物語がどう動くか?獏さん。今のところ、僕の人生No.1のこの物語を上手く昇華させてください~!

2018/05/11

ぐうぐう

ゲオルギー・イヴァノヴィッチ・グルジェフという人物が登場する。『注目すべき人々との出会い』を記した実在の人物である。『キマイラ』の巧みさは、こういった現実をドラマの中にリンクする点だ。その結果、物語に深みが生まれる。にしても、七章「九十九三蔵」を読むと、この長い長い大河小説も、いよいよクライマックスに向かっているのだなと痛感させられる。夢枕獏の覚悟は、ここまで一緒に併走してきた読者の覚悟でもある。

2019/01/07

はじめさん

過去パート。学園を裏で牛耳る「もののかい」に挑む九鬼。若々しさを保つ龍王院の伯爵病の秘密なんかも明らかになったり、作品の垣根をランクルでぶち破ってミスター仙人・九十九乱蔵乱入とか熱い展開! 様々な過去エピソードを経て、再び現代パートに戻り、拐われたヒロインを救うため、虎口に飛び込まんとする大鳳吼。何十年も前にスタートした作品ながら、まだまだ一線級! いよいよラストが見えてきた感じで、押尾守監督で映像化も控えており熱くなってきた。にぃっ。/ ノベルスのあとがきとか、すごい昭和感あって好き。…平成終わっちまう

2018/09/02

ヘビメタおやじ

時間軸があっちこっちにいくので、筋を追うのに一苦労です。しかし、ストーリーが大きく動きそうな事態になってきているのは確かです。三つ巴の争いと、登場人物総出演の大団円の予感に期待が膨らみます。あと数巻で完結には眉に唾着けておきますが、終わってほしくもあり、ほしくもなしという心境です。

2018/04/26

miroku

やっと終わりそうな雰囲気になってきた……。

2018/08/06

感想・レビューをもっと見る