読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山藤章二の四行大学 (朝日新書)

山藤章二の四行大学 (朝日新書)

山藤章二の四行大学 (朝日新書)

作家
山藤章二
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-06-13
ISBN
9784022950222
amazonで購入する Kindle版を購入する

山藤章二の四行大学 (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kazuo Ebihara

天才画文士山藤章二さんの新作は、 四行に凝縮された絵無しの雑文集。 これは、哲学なのか世間噺なのか。 27文字4行、108文字の世界。 あっ、煩悩か。

2019/06/23

ランドック

落語は人の業の肯定。業のない芸能は廃れる。/人格形成に必要な「不自由」。我慢と工夫が身につく。/毎日の暮らしは基本的に退屈で、それを幸福という。/個人は公の一部であると教えなかった。/四行の中になにかいいことでも書いてあるのかと思ったが、エッセイを1頁に四行に書いただけだった。長文は気を揉むから、確かにこれなら読める。

2021/06/22

感想・レビューをもっと見る