読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしのおじさん

わたしのおじさん

わたしのおじさん

作家
湯本香樹実
植田真
出版社
偕成社
発売日
2004-10-01
ISBN
9784030052307
amazonで購入する

わたしのおじさん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chimako

不思議なお話。生まれる前に小さくて死んでしまったおじさんと暮らす。そこにはじいじもばぁばも居る。お母さんが幸せだと草のしるも甘い。雨も甘い。そこでいつまでも遊んでいたい。けれど私は知っている。いつかは行かなければならないことを。おじさんのこと、忘れないかな?ゴリラに会えるかな?……「あっ、ここ来たことある」そんな風に思ったらそれはきっと誰かの想い。誰かの思い出。誰かの幸せ。

2015/05/20

ベーグルグル

主人公であるの「わたし」が産まれる前、「わたし」のお母さんの弟であるコウちゃんに出会う。コウちゃんはおじさんだけど小さい時に亡くなってしまったので姿は子供。ひと時の間、一緒に過ごしている時間がとても優しく、生まれる前にはこうやって縁がある方が見守ってくれるんだな~と思うと心が温かくなってくる。孫を見ずに亡くなった母もこうやって子供といてくれたのかな・・。ありがとうと空を見上げて思いを馳せた。植田真さんの挿絵もピッタリでした。

2019/12/30

shizuka

とっても短いお話だけれど、大切なこころ、思いが全部つまっているよう。まだ生まれる前のわたしと、ずっと前に死んでしまったわたしのおじさんとの、この世のどこかでの生活、日常。私もまだ名前をもらう前、ここにいたのかな。つながりあるおじさんやおばさんやおじいさんやおばあさんと、束の間暮らしていたのかな。すてきな場所だから生まれることに迷いが生じる。でも背中をおしてくれる誰かと自分の勇気と待っている母親の力で、生まれることができたんだ。子を待つ父よ、母よ、子供は辛い別れを乗り越え、あなたたちの元へやってきます。

2016/01/29

野のこ

不思議な世界だった。薄い薔薇色の空、草の甘い汁、古い家のにおい、おかあさんの世界、わたし(まだ名前がない)とおじさんのコウちゃんが過ごした時間のように、私たちにも生まれる前の物語のような世界があるのかなぁと想像しました。想像したけど何も浮かばなかった。挿し絵は文章を絵にしたみたいに 優しく可愛いらしい。名前を持ったわたしの新しい世界でのお話もあったら読んでみたいな。

2018/01/10

TANGO

図書館本。なんだか懐かしくなったり、泣きたくなったりする時に、この頃のことを思い出してるのかもしれない、と思った。児童書にあったけれど、明るいだけじゃない、示唆に富んだ1冊。

2014/01/16

感想・レビューをもっと見る