読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈1〉ごちそう砦

アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈1〉ごちそう砦

アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈1〉ごちそう砦

作家
宮崎学
出版社
偕成社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784035262107
amazonで購入する

アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈1〉ごちそう砦 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遠い日

「ごちそう砦」とは、ゴミ捨て場のこと。人間が出すゴミに群がる生きものたち。苦労して、ないエサを探すより、毎日毎日出されるゴミを待ち構えて食べる方が、生きものたちもラクなのだ。人間の暮らし方が自然界の動物たちの暮らしをも変えてしまっている現実に宮崎さんは鋭い眼を向ける。「動物の目」を通して見える人間の暮らしを追求したシリーズ。興味深い。

2017/01/30

さとちゃん

出荷されずに廃棄される果実や野菜が無造作に野ざらしにされていたことに驚く。こんなことをしたら、畑近くに餌付け場所を作って誘い込んでいるようなものなのに、そこはあまり思わなかったのかな。規模の大きい農家は、多少の獣害は問題にならないのだろうか?

2016/10/02

そーすけ

87*ごみ焼却場と動物の写真集なので、絵面は美しくない(´・ω・) こういった姿は今は見られない光景なのかな。焼却場跡地の公園って嫌だな(´・ω・) スズメバチやハエもリンゴを食べるのね。

2015/04/08

issyi

2002年初版の本なので、ちょっと古い話でしょうが……なかなかヘヴィ…。   

2019/02/28

感想・レビューをもっと見る