読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説 空挺ドラゴンズ

小説 空挺ドラゴンズ

小説 空挺ドラゴンズ

作家
橘もも
桑原太矩
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-11-07
ISBN
9784040642055
amazonで購入する Kindle版を購入する

小説 空挺ドラゴンズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ブラフ

ヴァニーが主人公。オリジナルの話だけど、原作漫画の世界観はもちろんのこと、いつものクィン・ザザ号の面々や小説版オリジナルのキャラたち含め空気感も違和感なくとても楽しめた。そして、原作漫画同様、作中グルメにお腹が空く!晩酌しつつでないと耐えられん!w 小説版オリジナルキャラたち、特にラスヴェットとレジーナには是非とも原作漫画にも登場してもらいたいな〜。小説版でのスピンオフ連載も是非とも続刊でお願いしたい。

2021/02/01

そーいち

漫画、空挺ドラゴンズのノベライズ。この世界観が大好きだ。ドラゴンが出るので、中世っぽくて、魔法とか絡みそうなんだけど、それはなく、スチームパンクみたいな感じ。ちょっと違うかもだけどラピュタのドーラ一家みたいな雰囲気がクィン・ザザ号にはある。漫画も大好きでそのノベライズなら買うでしょう、ということ。内容はシンプル。ヴァナベルを主役に謎の伝染病とオリジナルキャラたちとの邂逅。昔の東映アニメーション映画か、みたいなノリで楽しかった。特に普段何を考えているか分からないヴァナベルの心情が描かれていて良かった。

2020/11/27

MAMI.

★★★★☆

2021/05/12

honnsuki

美しい空の表情、美味しそうな料理、人情溢れるキャラクター達、そしてダイナミックな龍との戦い。どれも原作の雰囲気を活かしてあってとても面白かったです。ただ、初見向けではなかったですね。ノベライズはそういうものだという分を差し引いても、ちょっと人間関係がこじんまりしすぎた感はあります。原作ファンとしてはめっちゃ満足しました。

2020/02/14

北白川にゃんこ

少女小説の書き手のためかヴァナベルがメインのストーリー。空に生きる女たちの物語も悪くない。食べるものには気を付けて!

2020/07/09

感想・レビューをもっと見る