読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ (4) (MFCジーンピクシブシリーズ)

マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ (4) (MFCジーンピクシブシリーズ)

マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ (4) (MFCジーンピクシブシリーズ)

作家
町田粥
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-07-29
ISBN
9784040647876
amazonで購入する Kindle版を購入する

マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ (4) (MFCジーンピクシブシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くさてる

オタクあるあるマンガはそれこそ世に溢れているけれど、これはその独特の温度感とリアリティの濃さが大好きだったなあ。ちょうどいいところでピリオドを打ったことが作者さんのあとがきでも分かったので満足です。そして内容的に何度でも読み返すことは、ご長寿ジャンル現役オタクのわたしにとっては確定事項です。ありがとうございました!

2021/01/23

日奈月 侑子

楽しくオタ活出来てるマキさんの笑顔がたまらないし、それが全てな感じがします。各々がちょっとずつ前に進んで、優しい感じで幕引きだったのが良いなと思いました。 個人的には8組のオタクと仕事とオタク、の話が割とお気に入りです。喫茶店やカフェで隣の席の人が強火で騙ってたらつい耳傾けてしまうし、話が伝染するの滅茶苦茶よく解ります…(笑 自分のジャンル仲間が公式の方に関わる事になったら~の例え話に対する返答がほぼマミさんと一緒だったしやっぱそういうもんですよね~って思ってたら、学の覚悟が想像以上に重くて笑ってしまった

2021/01/01

Melon Matsuda

完結。残念だぁ~、面白かったのに。でも、ずっと最後まで面白かった! 良かったよぉ。私はヲタクで間違いないけれど、ヲタクとして読んでてなんかホッコリした漫画なんだよね。許しの世界観なのかもね。

2021/04/21

あまね

完結。それぞれジャンルは違えど、互いにリスペクトしあう様子が微笑ましかった。オタクあるある満載だし、皆魂は熱かったけど、全体的に落ち着いた大人の雰囲気が好きだったわ。推しジャンルの再始動にワクワクする気持ち、わかるわぁ(笑) そして待ってる時間が楽しいのよね。昨年、18年ぶりに刊行された十二国記の祭りを思い出した。

2020/10/20

山崎丹生

購入。ひょんなことから同じジャンルのオタクと判明したOLふたりが交流を深めていく漫画。最終回、初回1ページで済まされていた背景がマキさん側から描かれていて、長年孤独のオタクだったマキさんに仲間が見つかった感動が止まらない。好きなものを隠さず好きと言えることの嬉しさよ…。

2020/08/01

感想・レビューをもっと見る