読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

瀧夜叉姫 陰陽師絵草子 第一巻 (ヒューコミックス)

瀧夜叉姫 陰陽師絵草子 第一巻 (ヒューコミックス)

瀧夜叉姫 陰陽師絵草子 第一巻 (ヒューコミックス)

作家
伊藤勢
夢枕獏
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-11-04
ISBN
9784040649771
amazonで購入する Kindle版を購入する

瀧夜叉姫 陰陽師絵草子 第一巻 (ヒューコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

じょり

以前読んだ陰陽頭はネタ満載だったけど、こちらは原作があるためかある程度シリアス(失礼)、でも、時折見せる晴明の異様な笑みに隠されているものは何だろう。独り言と対人での言葉使いが違うのはなかなか好きですな。この先生もスターシステム使用しているのかわからないけど、髭ともみあげつながっているキャラよく出すよね。天竺熱風録にも出てたよね。盗賊の頭が瀧夜叉姫なのかなぁ。原作を詳しく知らないので、今後の展開が楽しみ

2020/11/09

金目

伊藤勢の新刊!熱風録がついこないだ終わったと思ってたのに、今回は早かった。あーまた陰陽師漫画始めたんだー、と思ったら、夢枕獏原作じゃないの。キャラの印象違ったのでしばらく気づかなかった。晴明といい博雅といい、実に良いキャラしてる。特に晴明は、人としての生き方を心得ている妖怪っぽさがあって面白い。キャラデザも「いつもの連中」感がなくなって、画力もどんどん上がっているのではないでしょうか。またどんどん好き勝手やって欲しい

2020/11/16

和沙

「スーパー歌舞伎トールキン」を目指して描かれた、夢枕獏『陰陽師』の絶妙なコミカライズ。高い画力と確かな教養に裏打ちされた画面は圧巻である。原作では「しゃなり」とした晴明は、今作では「面白れぇじゃねぇか…」と時折剣呑な表情さえ浮かべる、大胆なアレンジが加わっている。描写される妖怪、装飾、背景などすべてが見逃せない。 #ニコカド2020

2020/11/04

コリエル

瀧夜叉姫つったら将門の娘で親娘ともどもゴツい呪ってくるやつだよな~ぐらいの認識しかない。それが晴明に道満に俵藤太にと錚々たるメンツとどのようにして絡まり合うのかさっぱりわからんが、1巻の時点でド派手な伝奇活劇になっており楽しめること間違いなしだ。いつものように原作通りではないんだろうなあ。

2020/11/21

EOL_st

書店で見かけて即購入。伊藤勢の新刊です。 一応、夢枕獏の陰陽師の漫画化という事ですが、伊藤節全開です。アジアのごった煮な百鬼夜行のカラー見開きは一見の価値有り。芦屋道満のキャラデザ、晴明の組分け帽子風烏帽子など漫画ならではの遊びも面白い。 なお俵藤太の大百足退治は、『龍神VS大百足怪獣大決戦』になりました。

2020/11/06

感想・レビューをもっと見る