読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

腐女医の医者道! (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

腐女医の医者道! (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

腐女医の医者道! (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

作家
さーたり
出版社
KADOKAWA
発売日
2016-05-26
ISBN
9784040681764
amazonで購入する Kindle版を購入する

「腐女医の医者道! (メディアファクトリーのコミックエッセイ)」の関連記事

「平均睡眠3時間」「手術室は極寒」医師&ナースが激白! 医療コミックエッセイ

 医療漫画のコミックエッセイは、医師やナースなど医療関係者が直面する本当のリアルを垣間見ることができる。本稿ではそんな医療コミックエッセイを5作選んだ。いずれも過酷な医療現場や、重い現実などを、どこかおかしみのある作風で描き、万人に読みやすいものばかり。現場で彼らが確かに感じただろうことを知ることができるので読んでみてもらいたい。

このまとめ記事の目次 ・腐女医の医者道! ・まどか26歳、研修医やってます! ・透明なゆりかご ・じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記 ・がんばれ!猫山先生

■腐女医が描く、医療現場のぞき見コミックエッセイ

『腐女医の医者道!』(さーたり/KADOKAWA・メディアファクトリー)

無料ためし読みはこちら

 いま最も有名な医療コミックエッセイは『腐女医の医者道!』(さーたり/KADOKAWA・メディアファクトリー)だろう。こちらは現役外科医・医学博士の大人気ブロガーが描く、お医者さんの実録エッセイである。激務の毎日の中でさーたり氏が語るお医者さんの世界は、「実はオタクだらけの医局」「知られざるドクターヘリの裏事情」など、その内…

2018/12/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

腐女医の医者道! (メディアファクトリーのコミックエッセイ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

いやー凄かった。面白いと言っては語弊があるかもしれないけど、やっぱり面白かった。外科医の著者がご自身で描くリアル女医エッセイ。姉妹子育てをしながら圧倒的に女性が少ない外科医の現場を、ユーモアを交えながら伝えてくれます。推しカプが、メインでもマイナーでもない絶妙なところを攻めていてニヤッとしましたw医療ドラマのツッコミも面白いし、コウノドリの良さを再確認。ただやはり壮絶な命の現場、著者さんのご経験がグッと胸に来ることもあり自分を顧みました。アマゾンレビューで同職の方々から軒並み絶賛されているのがすごい!

2020/08/17

めぐ

やっと読めた。このコミック読みたかったから嬉しい。2人の娘の子育てをしながら現役外科医(肝胆膵)で漫画家の赤裸々な日常のコミックエッセイ。テレビの医者ドラマを観るとツッコミ疲れをするというくだり、私でさえそうなのだから専門医なら尚更だろう。腸や尿道からいろいろな異物を摘出した話は面白かった!こんなにぶっちゃけてしまって大丈夫?でもあるあるらしい。ドクターヘリの経験談も貴重だ。ドラマで観たことがあるような場面だ。人命を救う大切な体なのだから、もっと寝かせてあげたい。激務お疲れさまです。ありがとうございます。

2020/08/23

パグ犬

外科医夫婦あるあるが分かり易く描かれていて、とても面白かった。腐女医どころか、実は可愛い女医さんなのでは?(*´꒳`*)忙しくて食べる時間がないことは結構あるけど、加えて普段の寝る時間もこんなに少ないとは…完全に24時間単位でスケジュールを組んじゃってます。何歳くらいまでこの状態が続くのかな…。バイタリティ溢れる作者には、これからも外科医を続けて欲しいです。

2016/12/06

えむ女

以前朝イチでこの方と本を知り読んでみた。いかにも病院の外科医にありそうな日常で大変そうなのに、家庭の会話や、患者さんとのエピソードなど優しい柔軟な人柄の先生に好感が持てます。

2019/09/19

ひめありす@灯れ松明の火

あんまり腐ってない(もしかしたら隠しているのかもしれないけれど)女医さんの日常を綴ったエッセイ。大変だ!凄く忙しそうだ!でもわかるところある!仕事を持っているお母さんなら多かれ少なかれあるんだろうけれど、職業人として中途半端なんじゃないかと悩むところが印象的でした。いいんだよーとは思わないけれど、いつか私もそうなるのかもしれないし、ちゃんと働いてくれないのに!って苛立つ日もあるけれど、背中が強いと思う日もあるから。笑い話では手術中もし違う分野を選んでいたら、という所が好き。あと形成外科医の処とか好きです。

2017/06/30

感想・レビューをもっと見る