読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

作家
水谷緑
出版社
KADOKAWA
発売日
2016-08-25
ISBN
9784040686677
amazonで購入する Kindle版を購入する

「じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)」の関連記事

「平均睡眠3時間」「手術室は極寒」医師&ナースが激白! 医療コミックエッセイ

 医療漫画のコミックエッセイは、医師やナースなど医療関係者が直面する本当のリアルを垣間見ることができる。本稿ではそんな医療コミックエッセイを5作選んだ。いずれも過酷な医療現場や、重い現実などを、どこかおかしみのある作風で描き、万人に読みやすいものばかり。現場で彼らが確かに感じただろうことを知ることができるので読んでみてもらいたい。

このまとめ記事の目次 ・腐女医の医者道! ・まどか26歳、研修医やってます! ・透明なゆりかご ・じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記 ・がんばれ!猫山先生

■腐女医が描く、医療現場のぞき見コミックエッセイ

『腐女医の医者道!』(さーたり/KADOKAWA・メディアファクトリー)

無料ためし読みはこちら

 いま最も有名な医療コミックエッセイは『腐女医の医者道!』(さーたり/KADOKAWA・メディアファクトリー)だろう。こちらは現役外科医・医学博士の大人気ブロガーが描く、お医者さんの実録エッセイである。激務の毎日の中でさーたり氏が語るお医者さんの世界は、「実はオタクだらけの医局」「知られざるドクターヘリの裏事情」など、その内…

2018/12/8

全文を読む

「泣き叫ぶ患者」「血の噴水を目撃」ハードすぎて震える…笑えて泣けるナース漫画

 病院を舞台にした漫画で人気なのが、ナースが主役の物語。本稿では有名作品からリアルなコミックエッセイコミックまで6作品をセレクト。医者よりも患者さんの立場に近いナースたちの目から描かれる病院は、ハードだけど、どこかユーモラス。ナース漫画は医者が主人公の漫画よりコミカルに描かれているものが多いのも特徴だ。もし自分が入院したら担当してもらいたい、またもらいたくない(笑)と思うかもしれない。

このまとめ記事の目次 ・おたんこナース ・Ns’あおい ・じたばたナース ・ナースは今日も眠れない! ・精神科ナースになったわけ ・透明なゆりかご

■看護は強気! 情熱を燃やし奮闘する「新米ナース」のお仕事とは

『おたんこナース』(佐々木倫子:作画、小林光恵:原案/小学館)

 ナースはただ優しい白衣の天使ではない、と思わされるのが、『おたんこナース』(佐々木倫子:作画、小林光恵:原案/小学館)である。主人公は新米看護師、似鳥ユキエ21歳。ユキエは看護技術習得に燃え、入院患者看護に燃え、悪質患者更正に燃える。とにかく負けず嫌いな性格で、日々さまざまなおもしろトラブルを引き…

2018/11/30

全文を読む

関連記事をもっと見る

じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

めっちゃ良かった!面白かった。ナースの苦労や、お仕事、メリットもわかるし、何気それぞれで成長していく様も見えて、楽しかったですょ⭐︎

2019/02/15

どあら

図書館で借りて読了。ナースのお仕事は大変だ(・_・;) 入院して自分が辛くてもナースに迷惑をかけるような患者にだけはなりたくない!!

2018/07/31

ともよん

作者の水谷さん自身が看護師だったのかと勘違いするほどに、看護師さんの心の描写がよく描かれています。「もし仮にこの世から病気がなくなったなら医者はいらない でも看護師さんは必要だと思う」、というある医者の先生の言葉。深い。

2017/07/08

Chiyoka

笑いあり涙ありのナースのお仕事。看護師さんありがとうって思います

2018/02/06

うさこ社長

★★★★★女性医師、男性ナースの増加に伴ってか、ジェンダーに関する考え方も入り混じって医師と看護師の関係が揺れ始めている。私が講師をしている看護学校の期末試験でも有名なナイチンゲールの誓いにある「われは心より医師を助け」という句について設問を設けたが、反対がかなりいた。結婚式の時の誓いでは「私たちは、病めるときも、健やかなるときも、愛をもって、生涯お互いに支えあうことを」誓うのに違和感はないのにな。お互い違う専門性を持った医療職として尊重し合う関係でありたいと思う。本書でもそうした一節があり、心に沁みた。

2018/09/08

感想・レビューをもっと見る