読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

外道たちの餞別

外道たちの餞別

外道たちの餞別

作家
伊兼源太郎
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-02-28
ISBN
9784041029831
amazonで購入する Kindle版を購入する

外道たちの餞別 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

伊兼さん既刊コンプリート…著者には珍しいバイオレンス風のピカレスク小説で読み始めは戸惑ったが、段々慣れてくると面白くなってきた。ヤクザのせいで自殺した彼女の復讐でアウトサイダーに身を堕とした若者二人の青春物語でもあるのが好み。スピーディな展開、血が香るアクション、キャラが濃い人物が続々登場など「大沢在昌さんを意識した?」と思わせる(笑)。超能力的な要素が盛り込まれているが、効果的にはなっておらず残念。が、飽きさずグイグイ引っ張り、終盤に全ての伏線が回収されスッキリできるので、B級好きの人にはお勧めできる。

2021/02/03

Yuna Ioki☆

950-153-32 スピーディーな展開で一気読み。内容としてはありがちかなあ。男は体はってなんぼやね(笑)個人的にはポールさんが好きです(*´∀`)

2015/04/27

らむり

外道って、そういうことなのね。いまいちでした。

2015/04/17

keith

復讐。ただそのためだけに遠回りして生きてきた男たちの物語。主人公の仲間たちが出来すぎなせいで、ちょっと都合がよすぎかな。

2015/07/17

マサキ@灯れ松明の火

展開は、スピーディーでしたね。王道でありながら、捻りが入りすぎな感じも致しましたが…まあまあですかね。大切な人を奪われた男達は、自ら「外道」となり、復讐の時を待つ。個人的に、ポールさんのキャラが好きですね。‥恒例の一言、伊兼先生!「お煎餅ちゃん」をください!!!щ(゜▽゜щ)(←まさか…王道系にまで出てくるとは…)

2015/06/21

感想・レビューをもっと見る