読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)

作家
むらかわみちお
西崎義展
結城信輝
宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2016-03-23
ISBN
9784041039878
amazonで購入する Kindle版を購入する

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

D4C

この巻では、特にオリジナル展開が多かったかな。それも、本編から逸脱するような内容じゃないから、こういったマンガオリジナル展開はガンガン挿入して欲しいかな。

2017/06/16

これからどうしていくのだろう。アニメから逸脱し始めている。どこかを端折るようだけど、アニメで┐('~`;)┌となったところを補完出来るのだろうか。表返ったのが違うとなると、艦長は昏睡から醒めず、雪はやっぱり…ということもある?いやいや。陰険な策謀をコツコツ描くなら、字でいく方が深いけど…

2016/03/28

nawade

不安を訴えるショートカットの娘可愛いな。オムシスの不調の原因に人為的な可能性がとか相変わらず細かい補足。デスラー暗殺によりガミラスでは政変が。ドメル将軍の奥さん、冤罪だと思っていたけどグレーだったとは。山本といる時の古代って雪といるときと自然だよね。山本と相性が良いのか女として意識していないのか?ここのところ古代の鈍感症が目立ってきましたね。ビーメラ星では普段は主計科で戦闘には縁のない平田が大活躍。叛乱計画の真相はアニメ版を知っている読者全てがえっ!?となる展開だった。

2017/04/29

Kenichi Uto

近くの本屋だと入荷数が少なく最後の1冊。(前回は売り切れで他の店で探した)アニメの終了からしばらくたってますが、少し話が違ってきてますね。8巻目でまだイスカンダルについてないということはまだまだ続くということですね。できれば連載打ち切りなどで端折らないでこのまま続けてほしいです。むらかわさんの絵はアニメのイメージを損なわない絵なので好きです。

2016/03/30

こぼこぼ

ヤマト,ガミラス双方に不穏な雰囲気が。デスラーの総統であるが故の絶対的な孤独感が印象に残った。そして沖田艦長の一喝!

2016/03/24

感想・レビューをもっと見る