読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神さまのいる書店 まほろばの夏 (角川文庫)

神さまのいる書店 まほろばの夏 (角川文庫)

神さまのいる書店 まほろばの夏 (角川文庫)

作家
三萩せんや
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-22
ISBN
9784041073148
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

神さまのいる書店 まほろばの夏 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

魂が宿った本(まほろ本)を扱う書店で、すったもんだする話!サラッとあっさり読めてライトな感じです。ヨミの成長、まほろば屋書店でのひと悶着と両方を楽しめるけど、正直、物足りなかったかな。手探りな感じがしましたね。続編があるので、続編に期待したいと思います。

2019/05/23

papako

ずっと気になっていて。うーん、若い方向けですね。そして、受賞作ということで、この巻で終わっても成り立つようになってました。なのでこの巻だけでいいかな。

2019/09/19

寂しがり屋の狼さん

わあ💕好きです💓心が暖まる物語。一気に読んじゃいました(*^^*)【魂の宿る生きた本】だなんて素敵:*(〃∇〃人)*:『まほろば屋書店』…訪れてみたいです(*^.^*)初読みよ作者さんでしたが、他の作品も読んでみたいなあ

2020/06/28

佳蓮★道央民

★★★★★★私にとって宝物の本になりました✨単行本でダヴィンチで紹介されてていつか読みたいなぁって思ってたら文庫化されて買って読みました!2巻も発売日に買いました。それくらいお気に入りの本になりました。本が大好きな方にはとてもお勧めです\(^o^)/まほろば書店に行ってみたい!本にしか居場所がなかったヨミちゃんの本に対する気持ちがとても伝わった。ヨミちゃんとサクヤの会話が面白くてつい笑いながら読んだ😁もし、本が生きてたらあなたはどうしますか?ありがとうございました‼️2巻も早速読ませていただきます‼️

2018/11/25

katsubek

買っていた単行本が2巻目と気づいたので本書を先に続むことに。やさしい思いに充たされた作。ストーリーを追うことにエネルギーが費やされすぎているという嫌いはあるものの、読んでいて楽しい。そう、いちばん大切なことは、楽しいということである。たとえば読むのが辛い本であってもも、そこに楽しみを見出せるなら、やはり、読む者にとって大きな意義があるといえよう。勿論、本書は読むのが辛い本でもないが、やはり、楽しみを得られるという点で、佳書であるといえよう。ふわりと次作も読んでみるとしようか。

2020/02/01

感想・レビューをもっと見る