読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夢で見たあの子のために (4) (角川コミックス・エース)

夢で見たあの子のために (4) (角川コミックス・エース)

夢で見たあの子のために (4) (角川コミックス・エース)

作家
三部けい
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-06-04
ISBN
9784041082386
amazonで購入する Kindle版を購入する

夢で見たあの子のために (4) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「イザって時に電車賃も無くてよ、目標を見失う様なスットコ野郎が身内にいたんじゃ恥ずかしくて外歩けねーんだよ、じゃーな」。「視覚共有」を用いて、「火の男」と行動を共にしている一登の足取りを追うも、あと一歩足らず忸怩たる思いを抱える千里の元へ、駒津とは異なる「ニオイ」のする刑事・若園が接触を図る。宿敵である「火の男」と千里と一登の両親、千里と若園自身との意外な繋がりが明らかになり、恵南と共に「火の男」の隠れ家を発見する千里だが・・・。またしてもクリフハンガーな状態での「引き」が悩ましい(以下コメ欄に余談)。

2019/06/09

JACK

◎ 両親を殺し、双子の兄の一登を連れ去った「火の男」を追う千里。火の男と一登は、強盗や殺人も厭わない2人組の犯罪者として警察に追われていた。しかし、神出鬼没の彼らを捕まえるには決め手が足りない。刑事の若園は火の男の情報を得るため、千里に近付いてくるのだった。火の男の正体が少しずつ明らかになってくる第4巻。意外な出来事が起こるスリリングな展開に惹き込まれます。

2019/06/10

しましまこ

やっと!

2019/06/08

わたー

★★★☆☆物語の全容は未だ見えず。数歩進んで数歩下がるのを繰り返しているというのが正直な印象。

2019/06/04

毎日が日曜日

★★★★

2019/06/05

感想・レビューをもっと見る