読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒鷺死体宅配便 (25) (角川コミックス・エース)

黒鷺死体宅配便 (25) (角川コミックス・エース)

黒鷺死体宅配便 (25) (角川コミックス・エース)

作家
大塚英志
山崎 峰水
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-04
ISBN
9784041082409
amazonで購入する Kindle版を購入する

「黒鷺死体宅配便 (25) (角川コミックス・エース)」のおすすめレビュー

【グロ画像注意】死体を“宅配する”彼らの正体は……? リアルな死体描写で人気を呼ぶ『黒鷺死体宅配便』の面白さ

『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水:作画、大塚英志:原作/KADOKAWA)

 ホラーマンガは数多くあれど、ミステリーや人間ドラマも織り交ぜた重厚な作風で知られる『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水:作画、大塚英志:原作/KADOKAWA)は、ぜひ一度読んでもらいたい作品だ。

 主人公は、仏教系大学に通う学生たち。一見、ただの大学生のような彼らは、それぞれが「ダウジング(死体を探し出す)」「イタコ(死体と会話をする)」「エンバーミング(死後処置)」「チャネリング(宇宙人と交信)」などの特殊能力を持っていた。そんな彼らがはじめたのが、死体を届ける宅配便だ。

 第1話の舞台は、自殺者があとを絶たない樹海。

 深く、暗い山のなかで不気味に揺れる首吊り死体は、イタコの唐津九郎(からつ・くろう)に自身の無念を訴えていた。

“ボクらは同じ時間に…別々の場所で心中しよう…と決めた…んだ” “だけど…有希に会えない(中略)たのむ…有希の所へ連れていってくれ”

 どうやら、一緒に死んだはずの恋人が見つからず探し求めているらしい。話し合いの結果、“死んだ人助け”をはじめた黒鷺死体宅配便…

2019/9/9

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

黒鷺死体宅配便 (25) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

北白川にゃんこ

おっちょっと物語が進んだな。大塚さんとにかく時事ネタを入れないと死ぬ病気だからな。物語が進むのは嬉しいな。

2019/07/10

杜杜

紙で購入

2019/07/06

感想・レビューをもっと見る