読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

彼女の色に届くまで (角川文庫)

彼女の色に届くまで (角川文庫)

彼女の色に届くまで (角川文庫)

作家
似鳥鶏
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-02-21
ISBN
9784041085714
amazonで購入する Kindle版を購入する

彼女の色に届くまで (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

★Masako★

★★★★タイトルや表紙からラノベっぽいのかと思ったら、読み応え十分のミステリーだった!画家を目指している緑川礼と天才的な美術センスを持つ美少女・千坂桜。二人は高校、大学、社会人と、何度も絵画に纏わる事件に巻き込まれ、その度に桜が有名な絵画をヒントにトリックを見抜き、礼が犯人を探し当ててきた。連作短編の形をとっているがどの話のトリックも面白く謎解きも鮮やか。最終章では全ての話が繋がり真の真相が!礼の絵に対する葛藤や桜に対する想いもよく描かれていて、まさに青春アートミステリ。美術に関する註釈と後書きが面白い!

2020/05/27

ちょこりり

いわゆる青春アートミステリ。あるいはマッスルミステリ。青春の繊細な心の機微の横に筋肉。美術史と価値観の創造の裏に筋肉。表ははだけて鍛え上げた筋肉で魅せる。縦に一本筋を通した筋肉こそ至高。ミステリを真っ白なキャンバスに見立てた自由奔放な表現。三言で言えばシュール、面白い、笑える。ミステリとアートが筋肉を通して出会った。作品内でも触れられていたアートの本質を物語の内外から補強していく構成が絶妙。自由でいい。自由がいいんだよなぁ。本書を手に取り読み始めた瞬間からアートになる。筋肉はいいぞ。筋肉をつけてみないか?

2021/07/10

kei302

「天才少女(少年も)」基礎技術なしで美大入学っていうのあるじゃない。ありえへんから、そんなん。そこんとこはさすがですねの似鳥作品。そうきたか! 納得ですよ。単行本で読んだのに、懲りずに文庫本でも読む。だって、あとがきが目当てですもの。【単行本とは、装幀もフォントも本文も違う文庫版の登場です】そうか、そう来たか。真贋は如何に。#ニコカド2020

2020/12/03

ponpon

画商の息子で画家を志す緑川、絵画に天才的な素質を持つ探偵役の千坂、道化役のようなボディービルダー風戸。彼らの高校・大学と成長と挫折の青春群像劇を絵画に纏わるミステリーと絡めた連作短編集。都度、事件は解決されるものの何故か残るスッキリしない感じ。およそ10年の歳月を経て真の解決を迎えた筈なのに…。後半での所謂どんでん返しは鮮やかでした。何より3人が高校・大学そして社会に出てと環境変われど友情を保ち支え合うのも好ましい。緑川と千坂の新たなる旅立ちにエールを送りたくなる。素晴らしい一冊です

2020/02/27

kk

似鳥好きのkkにとって、気にはなるけど、読まなきゃ読まんでいいかなと思ってた作品。でも、読んでみて大正解。若い男性のウダウダな心の動きとか、他人には理解できんような変な心配とか、すごくビビットに描かれてますね。最初のくだりなんか、大袈裟に言えば『人間失格』を彷彿させちゃうような。全体としてコミカルなトーンも強いけど、「持ってる人」に対する「こっち側の人間」の、如何ともしがたい複雑な気持ちなど、重いテーマにもキッチリ向き合ってます。それにしても、似鳥先生、なんでこんなにアート詳しいのかな? やってた?

2020/08/17

感想・レビューをもっと見る