読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

彼女の色に届くまで (角川文庫)

彼女の色に届くまで (角川文庫)

彼女の色に届くまで (角川文庫)

作家
似鳥鶏
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-02-21
ISBN
9784041085714
amazonで購入する Kindle版を購入する

彼女の色に届くまで (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

★Masako★

★★★★タイトルや表紙からラノベっぽいのかと思ったら、読み応え十分のミステリーだった!画家を目指している緑川礼と天才的な美術センスを持つ美少女・千坂桜。二人は高校、大学、社会人と、何度も絵画に纏わる事件に巻き込まれ、その度に桜が有名な絵画をヒントにトリックを見抜き、礼が犯人を探し当ててきた。連作短編の形をとっているがどの話のトリックも面白く謎解きも鮮やか。最終章では全ての話が繋がり真の真相が!礼の絵に対する葛藤や桜に対する想いもよく描かれていて、まさに青春アートミステリ。美術に関する註釈と後書きが面白い!

2020/05/27

kei302

「天才少女(少年も)」基礎技術なしで美大入学っていうのあるじゃない。ありえへんから、そんなん。そこんとこはさすがですねの似鳥作品。そうきたか! 納得ですよ。単行本で読んだのに、懲りずに文庫本でも読む。だって、あとがきが目当てですもの。【単行本とは、装幀もフォントも本文も違う文庫版の登場です】そうか、そう来たか。真贋は如何に。#ニコカド2020

2020/12/03

ponpon

画商の息子で画家を志す緑川、絵画に天才的な素質を持つ探偵役の千坂、道化役のようなボディービルダー風戸。彼らの高校・大学と成長と挫折の青春群像劇を絵画に纏わるミステリーと絡めた連作短編集。都度、事件は解決されるものの何故か残るスッキリしない感じ。およそ10年の歳月を経て真の解決を迎えた筈なのに…。後半での所謂どんでん返しは鮮やかでした。何より3人が高校・大学そして社会に出てと環境変われど友情を保ち支え合うのも好ましい。緑川と千坂の新たなる旅立ちにエールを送りたくなる。素晴らしい一冊です

2020/02/27

かのん

アートミステリとのことで、読んでみました。最初は、ミステリというが、軽い感じを受けていたんだけど、最終章で、全ての伏線が回収された時、おぉ~って(๑´ლ`๑)笑千坂桜と緑川礼の関係も、私的には、いい終わり方だなぁと思いました。絵画に全く疎い私は、途中でちゃんと絵画が載っているの助かりました( * ॑꒳ ॑* )♪作者と題名のみだったらちんぷんかんぷんで理解不能に( ̄▽ ̄;)ミステリ苦手な人でも、読めるんじゃないかなぁ。軽めなので♪

2020/11/23

まるぼろ

画商の息子で画家を目指している高校生の緑川礼は、学校の絵画を損壊したとして濡れ衣を着せられてしまうが、以前に傘を貸した同学年の女生徒の千坂桜に助けられ…と言う所から始まる絵画ミステリです。脇に注釈があって変人もそれなりに出てきて…と実に似鳥先生らしい作品ですが、天才画家で実は…と言う桜と微妙な関係を続けていた礼とのラブコメとしても楽しめたかな、と思いました。礼と桜が最終的には礼の両親と同じ様なポジションに付くのもらしいな、とも。まだ似鳥先生で読んでない作品も多いので他にも色々と読めたらなと思いました。

2020/03/19

感想・レビューをもっと見る