読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ねこはい (角川文庫)

ねこはい (角川文庫)

ねこはい (角川文庫)

作家
南伸坊
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-11-21
ISBN
9784041087619
amazonで購入する Kindle版を購入する

ねこはい (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

猫を詠むのでなく、猫目が俳句を作るので「ねこはい」わがはいはビールのすきなねこである、イラストが愛嬌があってひょうきんで可愛くてほのぼの癒される、「たつくりははにくっついてたべにくい」がなんか好き、季節折々の猫俳句いいです。💕

2019/12/08

榊原 香織

猫が作った俳句、という設定 ”ねこはい””ねこはいに”合本 ”ひだまりで まんぷくである ごーしちご” まあ、こんな感じか  ”うすらいを なめているなり そらしらむ” これはちょっとうますぎ 秀句  イラストが味がある

2022/03/19

kei302

わがはいはビールのすきなねこである。気が合いそうだにゃ。ねこはい。ちゅうはいではない。わたしもビールがすき。表紙イラストのねこが渋い。冒頭から心をわしづかみにされる。絵もいい。今週は気ぜわしくて読書 進まず。読友さんに貸してもらった本に癒やされました。ありがとう~😀

2020/10/28

yumiha

猫が作った俳句だそうです。俳句と猫の絵を楽しめる本。でも、猫はビールの匂いが嫌いだよ。一番好きな句は、「いちめんのねこじゃらしなりわれひとり」。野原じゅうの猫じゃらし、一緒に遊ぶ猫がいたらいいなという猫の気持ちが見えるような句。笑ったのは、「せみなくなくちがこそばいやかましい」の句。絵の猫は口に蝉を咥えていた(^^♪

2021/02/12

リッツ

お借りして。絵がいい!しぶい!可愛い!と思ったら南伸坊さんでしたか~と後からww。わがはいはビールのすきなねこである『なんじゃそりゃー!笑』からはじまって『おお…なんか本格的』と思われる句も。しつこいようだけど絵と何たって色がいいなぁ~。迷うけどマイベストは「きょうのひも くれていくかな かなかなかな」見開き頁に漂う雰囲気にうっとりしました。

2020/10/21

感想・レビューをもっと見る