読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

藍の夜明け (角川文庫)

藍の夜明け (角川文庫)

藍の夜明け (角川文庫)

作家
あさのあつこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-22
ISBN
9784041091883
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

藍の夜明け (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

シリーズ3。改題前のタイトル『蜃桜の主』の方が私は好きだが、今回は稼業の染物屋を飛び出した男…本当の名前を忘れた男の顛末。それにしても次で完結するはずだが、私には全然見えない。白兎は何処へ行くのだろう…

2021/01/26

タイ子

シリーズ第3弾。これぞあさのあつこの文体ですね。謎の青年白兎の正体がだんだん見え始めたと思ったら…掴めない。掴めない人物像を追いかけながら、時代を超えて読み手をその世界に彷徨わせる。輪廻転生、いや憎しみが募って死んでもなお現代の人間に乗り移ってまで己の心を満足しようとする鬼がいる。あの世に逝けない悲しい魂には同情はするけど、乗り移られた人間はたまったものじゃない。その不思議な世界感の中にいる白兎の存在がミステリ。どこに着地するのか次巻が最終巻。

2021/02/20

坂城 弥生

強い強い恨みが、時代を越えていた。ところで、白兎は何かの罰を受けているのだろうか?長い長い時を彼も存在しているように感じたけど。

2021/02/02

Mie Tange

白兎シリーズ。 今回は序章が本編にどう絡んでくるのか全くわからず… ラスト、そう来たか!と思いつつも 絡み方は希薄に感じた。 その分、2ストーリー楽しんだお得感はある(笑) 主人公の親友がキャラ的に好きだったのに 可哀想すぎる…

2022/03/15

はいね

輪廻転生ものでした。前世の因果が…。名前はとても大事ですね。大切にしよう。白兎くんのキャラ好きでした。

2021/01/25

感想・レビューをもっと見る