読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

藤色の記憶 (角川文庫)

藤色の記憶 (角川文庫)

藤色の記憶 (角川文庫)

作家
あさのあつこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-24
ISBN
9784041091906
amazonで購入する Kindle版を購入する

藤色の記憶 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

白兎…これ以上この少年のことを知ろうとしてはいけない。でも、知りたいよね。「手を引いてくれる人と魂をただ結びつけることは出来る」という白兎はこの先何処へ行くのだろう。切なくてちょっと温かなラストが良かったシリーズ2。原題『地に埋もれて』の方が好みではあったが色で繋げる次は『藍色の夜明け』行ってみます。

2021/01/05

冷や中

数ページ読んで好きな系統と思った→でも、あれれ?なんだか知ってる → 「白兎2」の改題だったし、おまけにシリーズの2作目でした。またやってもうた! 改題こまる~案件でしたwwでもおもしろいからいいですw 中盤以降まで「何物かわからない少年」に誘導されて(筋書きも優枝さんも)物語が進んでいく、ファンタジーなのかミステリーなのか。え?なに?と思っているうちにどんどん進んで読み終わってしまった。知ってるけどww

2021/01/14

感想・レビューをもっと見る