読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぜんしゅの跫 (角川ホラー文庫)

ぜんしゅの跫 (角川ホラー文庫)

ぜんしゅの跫 (角川ホラー文庫)

作家
澤村伊智
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-22
ISBN
9784041099568
amazonで購入する Kindle版を購入する

ぜんしゅの跫 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

待望の比嘉姉妹シリーズ新作は5つの短編集…結婚式で未来が視える話、都市伝説に関する話、神隠しされた兄が帰ってくる話、学校の怪談風の話、そして姉妹が活躍する怪奇話。 前作『などらきの首』と同様に各々のテイストが違う楽しさがある。中でも『赤い学生服の女子』は「こういう再登場の形もあるんだ」と美晴に再会できたのが嬉しかったし、そこそこ怖くて好み。表題作は「待ってました!」の琴子と真琴の活躍で『ぼぎわん』の第3章に似た妖怪退治サスペンスにワクワク…姉妹愛も良かったし、野崎も含めた三人を中心に長編をお願いしたい♬

2021/02/16

みっちゃん

とっぱじめの「鏡」から戦慄。これってあの「ぼぎわん」の前日譚でもあり、かつ起きずに済んだ後日談ってこと⁉️こわっ!他の話もシリーズの登場人物のその後をさりげなく織り混ぜながら、散々怖がらせて解決してほっとしたところに、ラストで恐怖のどん底に突き落とす、的な巧みな構成。怖がりながらも唸ってしまう。でもそろそろ次は長編で続きが読みたいね。待ってます!

2021/02/08

ちょろこ

ホラーでホッと和む一冊。五編どれもあの手この手でジワジワと怖面白かった。ゾワッと後を引くオチもたまらない。中でもやっぱり比嘉姉妹にがっつり出会えた表題作が良かった。かり、かり、がりっ…に、びく、びく、ひっ!とさせられる時間。巨大な化け物の正体は何?と怖さと想像に囚われる時間。そして探り当てた真相。あぁ、こういうの好き。なんだかせつなくて好き。良い方向に持っていこうというこの導きが好き。この比嘉姉妹の仲にホッと和むホラー短編集。そしてシリーズ再読させ姉妹に会いたくさせるこの読後感は澤村さんの作戦かしら。

2021/02/20

さくりや

表紙がドピンクじゃなくなっている!こっちの方がお洒落で好き笑。「鏡」なんでこんなに女の敵代表みたいな男を描くのが上手いの……!野崎はいつでもストーリーにキレを出してくれる。「〜レイコさん」ホラーミステリ。どの辺が比嘉姉妹シリーズなのか分からなかった。「鬼の〜」これ、怪現象と見せかけた人怖だと思う笑。一人称語りだからこそ、心霊か狂人か分からないっていう。「赤い学生服〜」怖いのよこの人の本は!ラスト1文で震え上がった。表題作はシリーズ本流のパニックホラーと言った感じ。個人的には怪現象の中にも論理がある方が好き

2021/01/25

のぶ

澤村さんの本は長編を中心に読んでいて、短編集を読むのは初めてかもしれない。また、比嘉姉妹シリーズというのも特に意識していなかったので、比嘉真琴と琴子もあまり記憶にない。本作だが、まず否定的なコメントになるが、あまり面白いものはなかった。5つの作品が収められているが、残ったのは最初の「鏡」と表題作ぐらい。「鏡」はホラーというより、コミカルな印象を受けた。表題作は通行人を襲って引き摺り回し、建造物を破壊する巨大な化け物の正体を暴く話だが、解決がすっきりしてまずまず。やはり自分には澤村さんは長編が好みだ。

2021/02/24

感想・レビューをもっと見る