読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明日へつながる5つの物語 (角川文庫)

明日へつながる5つの物語 (角川文庫)

明日へつながる5つの物語 (角川文庫)

作家
あさのあつこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-10-21
ISBN
9784041109700
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

明日へつながる5つの物語 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mariya926

5つの短編集が繋がっているのかな?と思いましたが違いました。それでも明日が来るという希望がある内容でした。一番良かったのが「この手に抱きしめて」父が強がりなどを捨てて、素直に子どものハレに日に臨む姿が良かったです。それと途中で長距離選手を諦めてシューズの製作をする主人公と、東京マラソンに挑戦する友人の物語も良かったです。SFの世界はちょっと分かりかねましたが··。作家デビュー30年記念としてのインパクトには欠けますが、軽く読みたい時にはオススメです。猫は出てきませんでした。

2022/03/05

タイ子

今の時代に前向きになれる短編集5編。やはり私にとっては岡山が舞台の「烏城の空」ですね。岡山城主、池田綱政を支えた津田永忠と後楽園、和気閑谷学校等を造営した石工たちの物語。永忠は知られていても、石工たちの事は初めて知り感動。「この手に抱きしめて」病気になって初めて見えること、感じる事がある。花嫁の父が娘に送る言葉、娘が父に送る言葉。「囚われていては見えない真実がある。固執していては掴めない幸せがある」なるほど!

2021/12/17

のんちゃん

あさのあつこさんが企業冊子、自治体、アンソロジー等に発表された作品を作家デビュー30周年記念として集め、出版された短編集。ほろっとくる話、時代小説、SF、スポーツもの、恋愛ものなど等、あさの先生の書かれるジャンルを一冊で楽しめるお得な短編集となっている。そして解説は近藤史恵先生。この解説がまた素晴らしく、良い書き手は良い読み手なのだと、あらためて実感する。私はスポーツ下手なのでそのジャンルの物語を敬遠しているが、近藤先生の解説でそのジャンルも読みたくなった。頁数の少ない作品だが厚さ以上の読み応えがある。

2022/02/16

ぶんこ

5編の短編集で、どれも明日への希望が垣間見えるラストが良かったです。父親の娘への思い、石工の誇り、なんとカレシが宇宙人で祖母も?、そしてフルマラソンに挑戦する学生時代の親友と自分をかえりみる悠斗。最後の桃畑での作品が最も琴線に触れました。それは満開の桃畑を見た強烈な思い出があったから。そこでなら「桃は記憶の花だ。桃の下に立つと、埋もれていた記憶がよみがえってくるんだ」・・ありえる。もう一度桃畑を見に行き、今度は桃の下に立ってみたい。

2022/03/31

baba

表題のように、明日への希望を見出す短編集。時代物からスピンオフのような軽めのもの様々。中でも「烏城の空」の石工の話が良かった。

2021/12/25

感想・レビューをもっと見る