読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

遠巷説百物語

遠巷説百物語

遠巷説百物語

作家
京極夏彦
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-02
ISBN
9784041109953
amazonで購入する Kindle版を購入する

遠巷説百物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

京極 夏彦は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。読み続けている〈巷説百物語〉シリーズ11年ぶりの新作、【百物語×遠野物語】弁当箱本復活と相成りました。オススメは、『歯黒べったり』&『出世螺』です。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322009000361/

2021/07/22

KAZOO

京極さんの百物語の最新刊です。以前の内容はすっかり時の彼方で今回はまるっきり新しい感じで読みました。6つの話があるのですがどれも遠野の民俗的な逸話を絡ませているようです。カラー版の絵が入っているので興味が書きたてられます。語り手は盛岡藩の藩主から密命を帯びた人物でどちらかというと民の動向を探るという合間にばけものの話が出てきます。それを大掛かりに仕掛ける人物が二人います。

2021/09/05

うののささら

雑多な習俗文化がないまぜになり化け物が集まるまち遠野。市井の風聞を探り民草の暮らしを見定めるため怪しい噂があると出向いていく殿様直属の密偵。事件の起きた理由、今後の影響を把握して下の暮らしの些事を知る。八方塞がりの困りごとや収まりのつかない面倒事を奇天烈な手段で解決していく。オリンピックの小山田圭吾のような悪手愚策はなかったことにするしかない。中国に嫌がらせされても切ることができない世の理。今の日本には優秀な密偵はいなかったな。 楽しく読めました。

2021/08/06

☆よいこ

百物語シリーズ⑥盛岡藩家老、遠野南部家当主の密偵で、市中の噂話等を調べている宇夫方祥五郎(うぶかたしょうごろう)は怪異に巻き込まれる。化け物たちは実在するのか…人は理解できない物事を妖怪達の仕業として納得する。[歯黒べったり]花嫁姿の女が振り向くと[磯撫]米取引詐欺。川を遡る怪魚[波山]焼けた女の死体が3つ。火を吹く鳥[鬼熊]攫われた女。雪女。デカい熊[恙虫]疫病を疑われた勘定方[出世螺]金塊の行方▽譚/むかしばなし→咄/できごと→噺/解決表面→話/解決裏面▽堪能しました。又市さんはラストのみ登場

2021/08/16

愛玉子

古くより伝わる「譚」、人の口の端に上る「咄」、怪異が現れる「噺」、絡繰が明らかになる「話」。一片の流言にも事実の欠片は含まれているものだが、それは故意に埋め込まれた場合もある。怪異が流布する頃にはすでに仕掛けは動き始めているのだ、ご定法でも義理人情でも如何ともし難い厄難を消し、帳尻を合わせるための仕掛けが。民話の聖地・遠野を舞台に語られる噺は、化け物遣いたちの存在をちらとも見せず、やがて咄になり譚になっていく。この分厚さ、そして非道な話ばかりにも関わらず、すっきりと読めました。次巻の了で終わりなのか…(涙

2022/02/13

感想・レビューをもっと見る