読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新選組血風録 新装版 (角川文庫)

新選組血風録 新装版 (角川文庫)

新選組血風録 新装版 (角川文庫)

作家
司馬遼太郎
蓬田やすひろ
出版社
角川書店
発売日
2003-11-22
ISBN
9784041290071
amazonで購入する

新選組血風録 新装版 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むーちゃん

二回目の読了。 沖田総司の話が印象深かった。無邪気な子供が冷静に斬っていくというところも人気の要因かと。あとはサラリーマンと同じく新撰組にも虎の威をかりる奴がおり、かならず没落していくところも教訓になりました。

2017/02/25

遥かなる想い

新撰組を知りたいと思い、読んだ。ある意味 時代が必要とした組織だったのかもしれない。 メンバーは魅力的。だが、薩長から見ると、悪の象徴だったのだろう。

2010/07/31

Die-Go

新選組の隊士達を列伝形式で描いた作品。副長土方歳三を主人公とした燃えよ剣の後に読むと、新選組と言う群像により深みを与えてくれる。★★★★★

酔拳

新撰組にまつわる15編の短編集です。特筆すべきは、有名どころの隊士だけでなく、超マイナーな隊士も主人公としてとりあげらてている点です。特に記憶に残っているのは「長州の間者」「弥兵衛奮迅」です。「長州の間者」は、京都浪人「深町新作」が女との腐れ縁の為に新撰組に間者として入隊し、不運な運命を辿ります。「弥兵衛奮迅」は、薩摩藩脱藩浪人「富山弥兵衛」の入隊から、壮絶な最後までを描いています。あとはやはり、「沖田総司の恋」「菊一文字」がよかったです。司馬先生が膨大な史料を読み込まれて書かれた事がわかる作品です。

2018/03/12

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

幕末の京都を風のように現れ、駆け抜けた新撰組。新撰組にまつわる話を伊藤甲子太郎暗殺、芹沢鴨暗殺、池田屋事件、土方歳三の虎徹の由来など様々な角度から描いた短編集。司馬遼太郎の新撰組と言えば「燃えよ剣」が思い出されるが、こうした短編もまた別の味わいがある。それにしても相容れない隊の異分子を排除する為には、例えどんな卑怯な手段を使ってでも誅殺するという新撰組の体質、土方の策士振りには恐れいる。新撰組の陰湿な暗部が目立つ作品でもあった。その中では「沖田総司の恋」は一服の清涼感。「菊一文字」も良かった。★★★+

2016/01/25

感想・レビューをもっと見る