読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新幹線殺人事件 (角川文庫)

新幹線殺人事件 (角川文庫)

新幹線殺人事件 (角川文庫)

作家
森村誠一
出版社
角川グループパブリッシング
発売日
2008-05-24
ISBN
9784041753804
amazonで購入する

新幹線殺人事件 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヨーコ・オクダ

ひかりの車内で起きた殺人事件。森村センセは、単純な時刻表のパズルでは終わらせない!万博のイベントプロデューサーの座を狙う東西2大芸能事務所の女社長・紀久子と明美。両社の番頭的マネージャー・冬本と山口の彼女たちに寄せる想い、実際の関係は?スターになりたい、成功したいと願う所属タレントたちはご褒美につられ、危ない橋も平気で渡ってしまう…。完璧なアリバイに守られたように見える犯人。いっぺん悪事に手を染めたら、ずっと汚れた道を行くしかないんだわね。個人的には、冬本のキャラ設定とラストの締め方がエエ感じに思う。

2019/09/14

ちばと~る

東海道新幹線開通直後で大阪万博のころだから昭和40年ごろが舞台の芸能界ミステリ。レトロだねぇ。半分くらいでアリバイ崩れますが〜その後の二転三転!!お見事!!面白い!!ホテルオークラ。パーティで行ったことあるけどエレベータの謎にわ気づかなかった〜wさすが元ホテルマンの森村先生。勉強になりました!!

2013/07/19

あきさん

初めての森村作品でした。二つの事件がどうつながるのかと思いましたが、なるほどという展開で面白く読めました。実写化するなら、二人の女性社長は誰が演じるのだろう・・また読みたいと思う作品のひとつになりました。

2016/07/07

もかすけ

正統派時刻表推理ってとこかな。 警察の捜査の進展具合がリアルで、さすが森村さんと思った。

2014/06/24

水生

アリバイ崩し物は個人的には退屈に感じてしまうが、レトロな雰囲気は良かった。

2013/04/14

感想・レビューをもっと見る