読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫)

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫)

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫)

作家
松岡正剛
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-22
ISBN
9784044003555
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

第一章面影の原像へ
谷川健一『常世論』一三二二夜
萩原秀三郎『稲と鳥と太陽の道』一一四一夜
大林太良『正月の来た道』四五一夜
山折哲雄『神と翁の民俗学』一二七一夜
山本健吉『いのちとかたち』四八三夜
丸山真男『忠誠と反逆』五六四夜

第二章をかし・はかなし・無常・余情
清少納言『枕草子』四一九夜
和泉式部『和泉式部日記』二八五夜
西行『山家集』七五三夜
堀田善衛『定家明月記私抄』一七夜
鴨長明『方丈記』四二夜
吉田兼好『徒然草』三六七夜
唐木順三『中世の文學』八五夜
尼ケ崎彬『花鳥の使』一〇八九夜

第三章連鎖する面影
大隅和雄・西郷信綱ほか『日本架空伝承人名事典』四一五夜
三浦佑之『浦島太郎の文学史』六三五夜
石田英一郎『桃太郎の母』一二四四夜
近藤信義『枕詞論』一五九九夜
伊地知鉄男『連歌の世界』七三九夜
心敬『ささめごと・ひとりごと』一二一九夜
西郷信綱『梁塵秘抄』一一五四夜

第四章ニッポンを感じる
ドナルド・キーン『百代の過客』五〇一夜
渡辺京二『逝きし世の面影』一二〇三夜
ウィリアム・バトラー・イエーツ『鷹の井戸』五一八夜
アレックス・カー『美しき日本の残像』二二一夜
ロジャー・パルバース『もし、日本という国がなかったら』一五四五夜
イ・オリョン『「縮み」思考の日本人』一一八八夜

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

角川文庫版千夜千冊はこの第6冊目で一区切りなのでしょう。この本では日本の原点のような本が紹介されています。古典では三大随筆といわれるものから日本の童話について語った本、あるいは丸山眞男、最近の日本に関する外国人から見たものなど私も読んだものが半数以上ありました。これらの論評を読むと再度読み直したくなる本がいくつかありました。

2019/01/11

tecchan

著者がこれまでの書評「千夜千冊」シリーズから「面影をうかがう日本」をテーマを選んだ一冊。 枕草子のような古典から浦島太郎などの童話、ドナルドキーンなど外国人から見た日本など幅広く日本を描いていて面白く読めた。

2018/12/01

感想・レビューをもっと見る