読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫)

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫)

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫)

作家
松岡正剛
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-22
ISBN
9784044003555
amazonで購入する Kindle版を購入する

千夜千冊エディション 面影日本 (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

角川文庫版千夜千冊はこの第6冊目で一区切りなのでしょう。この本では日本の原点のような本が紹介されています。古典では三大随筆といわれるものから日本の童話について語った本、あるいは丸山眞男、最近の日本に関する外国人から見たものなど私も読んだものが半数以上ありました。これらの論評を読むと再度読み直したくなる本がいくつかありました。

2019/01/11

藤月はな(灯れ松明の火)

日本における表現の奥底にある「面影」について探る書。和歌や日記文学に見受けられる表現力のたおやかさ、枕詞の限られた語数の中で空間や風景を表出させる美、民話の文化史、生活文化における歴史の変化など、多種多様な本が紹介されていて中々、楽しい。『枕草子』の評が辛口ながらも愛嬌があって素敵。和歌集などは読んだ事がないので挑戦してみようかな・・・。

2019/06/15

なおこっか

日本の古典は学生時代の専攻ジャンルだったので原典既読もちらほらあれど。当時は他者の論評、ましてや現代語訳全否定、己がいかに原典から読み取れることがあるかとばかり考えてたなー…と遠い目になってしまった。正剛先生の切り口と堀り方の何と豊潤なること。白洲正子の「四十の手習い」解釈ーかつて中途半端だったことをやりなおすことーが染みる。枕も徒然も、これからまた読み直そう。新たに読みたいのは定家と、イエーツの能『鷹の井戸』かな。日本を日本以外からも編集するのが正剛流。だから信頼できる。

2019/09/05

tecchan

著者がこれまでの書評「千夜千冊」シリーズから「面影をうかがう日本」をテーマを選んだ一冊。 枕草子のような古典から浦島太郎などの童話、ドナルドキーンなど外国人から見た日本など幅広く日本を描いていて面白く読めた。

2018/12/01

matsu2015

現在進行形の日本に住んでいながら、あまり考えようとしなかった日本について考えるきっかけをもらえた。それにしても圧倒的な知識量、縦横の広がりの大きさにただただ驚く。私には一度で吸収しきれないのでいつか再読する。和泉式部日記、梁塵秘抄をはじめ、読んでみたいなという本が出てきた。読書って楽しいな。

2019/04/27

感想・レビューをもっと見る