読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

薔薇のマリア〈9〉さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア〈9〉さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア〈9〉さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)

作家
十文字青
BUNBUN
出版社
角川書店
発売日
2008-02-01
ISBN
9784044710132
amazonで購入する Kindle版を購入する

薔薇のマリア〈9〉さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりも

マリアとアジアンのやり取りがもうすごく癒される。ランチタイムが人質になっているという緊迫した状況もこのやり取りがあるおかげでどこか明るくなりますね。ユリカ最強伝説が始まったりトマトクンは風邪を引いたりジンは愛情表現が変態だったりとキャラの個性が際立ってます。今まで助けられっぱなしだったマリアがアジアンを助け返す。次巻はどうなるのか楽しみ。

2014/05/03

ひのえ

トマトクンとサフィニア、ユリカと飛燕のやりとりにほのぼのした。しかしクラン《昼食時》のメンバーを賭けたセブンス・ゲイムが開幕。次はあんまりほのぼのした感じにはならなさそう。人物紹介のコロナのところが「お久しぶりです!」になっているのが可愛い。そしてユリカ・白雪最強伝説…。

2015/03/24

まろりん

再読。なんとなく本棚から一冊抜いたらそのまま全部読んでしまった。マリアからアジアンへの想いの描写がおもってたより深かった。恋の自覚のようでいて、マリア自身がそう思った通り、過去は意識した行動ではなかったけど、振り返ってみたらその行動はそうだった的なエピソードが重なった上で実感させてくれるのがいいんだよな。アジアンはマリア好きすぎだけど、やっぱりこういうフィードバックの後押しもあったんじゃないかなと思う。トマトクン部分も事情を知って読むと深みと重みがあって。カイの夢も相変わらず好きなエピソード。

2014/05/10

まろりん

いつも助けられてたマリアがアジアンを助け返す番。前巻の引きから、街中痴話喧嘩・運命の糸結び・部屋招き入れやら朝ごはんやら盛りだくさんすぎて、やっぱりツンデレマリアさん可愛い(*´ω`*)ユリカ最強伝説と、風邪ひいてもついてくるトマトクン、お布団ばふばふトマトクンも良かったwでもメインストーリー自体は限りなく重いよね。ナジがカイに見せてる夢も前半部分は本当の過去なんだろうな。トマトクンとルヴィー・ヴルームの会話も世界の謎とトマトクンの過去を示唆する。トマトクンの大事なものが守られて大団円で終わってほしいよ。

2013/11/21

間立

ここにきて登場人物説明がはっちゃける。ユリカさん最強伝説!マリアさんがモテモテの巻。アジアンさんがへたれてるのを見てマリアさんツンデレ発動されるもジンワンさんに連れ去られうわあなにこれ怖い!と、思ったらデスゲームが始まっていたよ。サフィニアが地味に覇道を突き進んでる気がしてならない。

2011/11/08

感想・レビューをもっと見る