読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋

女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋

女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋

作家
DJあおい
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-03-24
ISBN
9784046013378
amazonで購入する Kindle版を購入する

「女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋」のおすすめレビュー

人付き合いが疲れるのは当たり前!「女の人間関係が面倒」と感じているアナタが身に付けたいスキル

『女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋』(DJあおい/KADOKAWA) 「女の人間関係ってめんどくさい」――女性たちの中にもそのように感じている人は多いのではないだろうか。女性は男性よりも「共感」を大切にする生き物で、群れることが大好き。同調することが男性よりも重視される女性は、輪になじめないと息苦しさを感じることになる。特に日本は人間関係至上主義のようなところがあり、純粋な仕事の悩みより職場の人間関係で悩んでいるという人の方が多いという。そんな人たちにおすすめしたいのは『女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋』(DJあおい/KADOKAWA)である。本書の特徴は、バランス感覚にすぐれていること。表面上のマナーの本でもなく、スピリチュアルな本でもない。本書「はじめに」の冒頭の一節は、ある種の衝撃だ。

人付き合いが辛い、疲れる、という話をよく聞きます。しかし、人付き合いというのはそもそも疲れるものなのです。疲れないように人付き合いをしたいなんて図々しいにもほどがあります。なにせ、生活をしていく上で一番疲れることが人付き合いな…

2018/5/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蓮華

はじめにでギクッとさせられ、最後の友達と悪友と親友の違いになるほど。 人間関係の悩みを少し軽くしてくれる本でした。

2021/08/12

つねき

Twitterで知った著者。周囲に合わせて違和感を抱えて暮らすよりは、そこそこ愛想と愛嬌は兼ね備えつつ自分らしく生きろ、本当に大切な人たちを大切にして生きろというメッセージを感じた。あまり周囲と群れるのが好きでない私としては、この生き方でいいんだなと背中を押してもらった気分です。時々語尾でキャラ作りしてる感じなのが気になりましたが…

2019/09/03

なつこ

女の人のあるあるをDJあおいさん視点で考察している一冊。言語化するのが毎回うまいなぁと思っています。

2018/11/30

ポコポッコ

KindleUnlimited。人付き合いのおいての問題の改善方法や考え方が書かれていた。正直そこまで深みは無い(例えば科学的根拠やスピリチュアル的な謎の説得力はほぼ無い)が、良い意味で自己中心的な生き方を推奨する勢いのある内容で不思議と背中を押された気持ちになった。私の生業のエンジニア界隈だと「完璧主義」は成長を阻害する要素なのだが、本書でも完璧主義は否定的に書かれていて人間関係にもおいて良くないんだなぁと認識。

2019/10/06

この著者の別の本を探していてたまたま手に取ったが面白かった。こういう人が苦手みたいな感じの本ではなく、自分自身や他人との向き合い方について書かれていて参考になった。ネガティブな人は完璧主義、本当に助けが必要で助けが必要なのはポジティブな人。自分のことを嫌いな人は何をしても嫌いで真面目は損。自分疲れてるのかなと思ったけど気持ちが軽くなった。著者が何物なのか知りたい。

2018/08/19

感想・レビューをもっと見る