読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

宮部みゆきの江戸怪談散歩 (角川文庫)

宮部みゆきの江戸怪談散歩 (角川文庫)

宮部みゆきの江戸怪談散歩 (角川文庫)

作家
宮部みゆき
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-03-24
ISBN
9784046022134
amazonで購入する Kindle版を購入する

宮部みゆきの江戸怪談散歩 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おたけஐ೨💕🎎

80/100点 2011年に新人物往来社から出版された『やっぱり宮部みゆきの怪談が大好き!』の改題・増訂版の新たに角川文庫から出版された改訂版。以前の『やっぱり宮部みゆきの怪談が大好き!』は読んだはずですが、「怪談散歩」などは薄ら覚えてましたが他はほぼ忘れていたので新たな気持ちで読むことが出来ました。4編の小説は面白かったのですが全体の半分の量だったので少し物足りなく感じました。読んでいなかった三島屋シリーズを、遅ればせながらも読んでいこうかなと思います。

2018/05/19

chantal(シャンタール)

宮部みゆきさんの「三島屋変調百物語」の舞台となった場所の案内、北村薫さんとの対談、宮部さんの怪談短編二編と、宮部さんオススメの怪談二編。宮部さんの江戸モノは最近読み始めたばかりだけど、三島屋シリーズ、これからも楽しみ。読まなければならない本が益々増える。どうしたものか😅

2018/09/08

佐島楓@執筆中

ほかにも書いている方がいらっしゃいましたが、なんでこの物語のオチがわかるのかな……と訝しんでいたら既読の作品でした。内容自体はほとんど失念していたので、新鮮な気持ちで読めたからいいのです。

2018/04/06

ぽろん

これを読んだら、又、三島屋変調百物語を初めから読んでみたくなった。最新作にも少しだけ触れられていて、読むのがもっと楽しみになりました。小説の舞台になった所が写真で紹介されていたりして、しっかり時代考証されて描かれている事を今更ながらに知って、だからこその面白さを改めて実感できました。

2018/04/20

シンシア💍

宮部みゆきさんの三島屋の舞台の紹介は、作品も思い出しながらまるでその世界に自分がいるように、思えました。最後の怪談は、わからないことや、見えないことが怖さを煽る、まさしくその通りと、ゾクリとしました。昼間に読んでよかった。

2018/10/31

感想・レビューをもっと見る