読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宮部みゆき

職業・肩書き
作家
ふりがな
みやべ・みゆき

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1960年東京生まれ。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年『我らが隣人の犯罪』でオール讀物推理小説新人賞を 受賞してデビュー。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞を受賞。02年司馬遼太郎賞と芸術選奨文化科学大臣賞文化部門、07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞、08年英訳版『BRAVE STORY』でThe Batchelder Awardを受賞。『ソロモンの偽証』『桜ほうさら』『泣き童子 三島屋変調百物語参之続』『ペテロの葬儀列』『荒神』『悲嘆の門』など著書多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1987年
『我らが隣人の犯罪』第26回オール読物推理小説新人賞
1987年
『かまいたち』第12回歴史文学賞 佳作
1989年
『魔術はささやく』第2回日本推理サスペンス大賞
1992年
『本所深川ふしぎ草紙』吉川英治文学新人賞
1992年
『龍は眠る』第45回日本推理作家協会賞
1993年
『火車』第6回山本周五郎賞
1997年
『蒲生邸事件』第18回日本SF大賞
1999年
『理由』第120回直木賞
2001年
『模倣犯』第55回毎日出版文化賞 特別賞
2007年
『名もなき毒』第41回吉川英治文学賞

「宮部みゆき」のおすすめ記事・レビュー

鏡のような、ふたつの並行世界が存在する日本。娘・夏穂の身柄が拘束されていると知った宗一は…【宮部みゆき 色違いのトランプ】/はじめての③

鏡のような、ふたつの並行世界が存在する日本。娘・夏穂の身柄が拘束されていると知った宗一は…【宮部みゆき 色違いのトランプ】/はじめての③

直木賞作家4人と、“小説を音楽にするユニット”YOASOBIがコラボレーション! 島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都による短編小説集『はじめての』をYOASOBIが楽曲化し、「文学」「音楽」そして「映像」から物語世界をつくりあげていく話題のプロジェクト。企画テーマ「はじめて」をモチーフに書かれた珠玉のアンソロジー『はじめての』から、各話の冒頭部分を全4回連載でお届けします。第3回は、“はじめて容疑者になったときに読む物語”、宮部みゆき著「色違いのトランプ」をご紹介します。

 その日、安永宗一は忙しかった。JR旧御茶ノ水駅近くの発掘現場で、重機の操縦ミスによる横転事故が発生し、ずっとその収拾にかかりきりだったのだ。指令車に置きっぱなしにしていた私物のスマートフォンをチェックしたのは、夕方五時をまわってからのことだった。  ざっと二十件ばかりの着信に驚かされた。全て瞳子からのもので、昼過ぎから断続的にかかってきている。宗一の妻はしっかり者で、よほどの非常事態が起こらない限り、仕事中の彼に連絡してくることはないのに。  慌ててかけ直してみたが、今度…

全文を読む

小説『はじめての』とYOASOBIの楽曲が内包する革新性――仕掛け人たちが見据える、エンタメの理想像

小説『はじめての』とYOASOBIの楽曲が内包する革新性――仕掛け人たちが見据える、エンタメの理想像

『はじめての』(水鈴社)

 小説『はじめての』という画期的な試みは、2020年に新たな出版社・水鈴社を立ち上げた篠原一朗氏と、YOASOBIの生みの親とも言えるソニーミュージック・エンタテインメントの屋代陽平氏と山本秀哉氏が業界と会社の枠組みを超えて企画し、4人の直木賞受賞作家とYOASOBIが集うことで生まれた。この座談会は、篠原氏と、YOASOBIのプロモーションやSNS運用を担う屋代氏、同じくプロモーションに加えて音楽制作面を担う山本氏に語り合ってもらったもので、「『はじめての』というプロジェクトが目指すもの」と「YOASOBIが今、向き合っているもの」というテーマが浮き彫りになるテキストとなった。3人が意志を重ね合わせ、ひとつのプロジェクトを編んでいくその背景からは、これからのエンターテインメントが向かっていくべき、ひとつの理想像が見えてくるのではないか。篠原氏、屋代氏、山本氏それぞれと親交があり、互いの仕事を熟知しているROCKIN'ON JAPAN・小栁大輔氏による司会のもと、『はじめての』の革新性について語り合ってもらった。 写真=北…

全文を読む

YOASOBIが向き合った、巨大な壁。小説『はじめての』を通して、Ayaseとikuraが見つけたもの

YOASOBIが向き合った、巨大な壁。小説『はじめての』を通して、Ayaseとikuraが見つけたもの

 島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都という直木賞受賞作家4名による小説集『はじめての』(水鈴社)。この4人の作家による4つの小説を題材に、4曲の新曲を書き下ろすという前代未聞のチャレンジに挑み続けているのがYOASOBIである。現在発表されている“ミスター”“好きだ”の2曲を聴けば、きっと伝わるだろう。YOASOBIの代名詞とも言える、一筆書きのように美しく、流麗な流線を描きながら進んでいくメロディと、その旋律のポテンシャルを最大限に表現してみせる歌声、そしてその掛け合わせによって生み出されるセンチメンタリズムはやはり見事で、『はじめての』という作品に込められた4つの魂は、YOASOBIをして新たな「発明」に導くほどの、本物の感動を教えてくれるものだ。だが――というか、だからこそ、YOASOBIは巨大な壁に向き合っている。Ayaseとikura――2020年代の音楽シーンを颯爽と革新してみせた若きふたりが自ら語ってくれた、貴重な「本音」が語られている。

 ふたりが『はじめての』という作品に対峙することのプレッシャー、そしてその結果、新たな名…

全文を読む

YOASOBI×直木賞作家4人による、豪華コラボ。小説『はじめての』から、島本理生原作「ミスター」を配信リリース

YOASOBI×直木賞作家4人による、豪華コラボ。小説『はじめての』から、島本理生原作「ミスター」を配信リリース

 2月16日に、“小説を音楽にするユニット”YOASOBIと、4人の直木賞作家がコラボレーションした、短編4作からなるアンソロジー小説『はじめての』(著:島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都/水鈴社)が刊行された。

 本作のモチーフは、「はじめて○○したときに読む物語」。直木賞作家の4人が、それぞれ以下のタイトルで物語を紡いでいく。 「私だけの所有者 <はじめて人を好きになったときに読む物語>」(著:島本理生) 「ユーレイ <はじめて家出したときに読む物語>」(著:辻村深月) 「色違いのトランプ <はじめて容疑者になったときに読む物語>」(著:宮部みゆき) 「ヒカリノタネ <はじめて告白したときに読む物語>」(著:森絵都)

 そして、それぞれの小説を原作として、YOASOBIが楽曲を制作。2月16日の小説刊行と同日に配信された第1作は、島本理生氏の小説「私だけの所有者」をもとにした「ミスター」。主人公であるアンドロイド<僕>が、所有者<Mr.ナルセ>に抱いた、名前を知らない<はじめての感情>から綴られる、切なく儚いシティ・ポップに仕上がっている…

全文を読む

「怖い絵本は、理解できないものを理解しようとする想像力を育む」。一過性のブームで終わらない怖い絵本の魅力

「怖い絵本は、理解できないものを理解しようとする想像力を育む」。一過性のブームで終わらない怖い絵本の魅力

 今、子どもたちだけでなく大人も夢中にさせている「怖い絵本」。近年のブームの原動力となったのは、2011年にスタートした岩崎書店の「怪談えほん」シリーズ。人気作家たちが子どもたちを本気で怖がらせようとしている同シリーズは話題を呼び、現在第3期まで刊行継続中です。同シリーズの編者で、怪談に詳しい文芸評論家・アンソロジストの東雅夫さんに「怪談えほん」シリーズのなりたちと、怖い絵本の魅力についてうかがいました。

(取材・文=朝宮運河)

東雅夫さん

――現在の怖い絵本ブームのきっかけとなったのが、2011年にスタートした岩崎書店の「怪談えほん」です。このシリーズは、どのような経緯で生まれたのですか。

東雅夫さん(以下、東):昔話になってしまいますが、かつて「ビーケーワン」というオンライン書店がありまして(※2012年にhontoと統合する形で営業終了)、私は怪奇幻想文学専門の「社外エディター」の立場で関与していたんです。そのビーケーワンの担当者を通じて打診されたのが、怪談えほんのプランでした。詳しい経緯は分かりませんが、その担当者と岩崎書店の間で、これまでに…

全文を読む

旅行移動中でもお家でも! GW中にじっくり読みたい王道ミステリー小説5選

旅行移動中でもお家でも! GW中にじっくり読みたい王道ミステリー小説5選

 時間がたっぷりとあるGWは、なにかおもしろい本に触れたくもなるもの。そんな時は、王道のミステリー小説をじっくりと楽しみ、スリル感を満喫してみてはいかがだろうか? 長年愛され続けている王道ミステリーにはラスト1ページまで楽しめる仕掛けが盛りだくさん。本稿では、特におすすめしたい作品を5つご紹介したい。

■死刑判決を受けたの冤罪死刑囚を救うカギは「階段」に

『13階段』(高野和明/講談社)

 ミステリー好きがみな口をそろえて絶賛するのが、高野和明氏が手がけた『13階段』(講談社)。物語は、定年間近の刑務官・南郷正二が仮釈放された服役囚・三上純一に、10年前に起きた殺人事件の再調査を依頼することから始まる。南郷は犯人とされる死刑囚・樹原亮の冤罪を晴らしてほしいと頼む。生活苦だった三上は多額の報酬に惹かれ調査を引き受けるが、その裏には想像を絶するような真実が隠されていた。本作のカギを握るのは、「階段」。死刑執行まで残り3カ月しかない中、三上は真実にたどり着き、樹原の命を救うことができるのだろうか。

■どんでん返しな猟奇的殺人にハラハラ…

『ハサミ男』(殊能将之/…

全文を読む

宮部みゆき、幻の作品が絵本化! 姿の見えない怪獣・クマーの美しくもせつない物語

宮部みゆき、幻の作品が絵本化! 姿の見えない怪獣・クマーの美しくもせつない物語

『ヨーレのクマー』(作:宮部みゆき、絵:佐竹美保/KADOKAWA)

 『ブレイブ・ストーリー』や『ソロモンの偽証』などの傑作を生み出し続ける宮部みゆきと、「魔女の宅急便」や「ハウルの動く城」シリーズなど有名ファンタジー作品の装画を数多く手がけてきた佐竹美保が、初タッグを組んだ絵本『ヨーレのクマー』が2016年11月21日(月)に発売された。

 絵本を開いても、しばらくはクマーの姿がみえない。実は、主役のクマーは透明なかいじゅうだからだ。不自然に宙に浮かんだ動物や植物の影、光の反射などで、目には見えないけれど、そこにいることだけがわかる。

 だれにも存在を知られることのないクマーは、それでも大好きなヨーレの町の人々を守るため、悪い怪獣と毎日たたかっている。

 だれに感謝されることもないけれど、命がけ。そんなクマーは、どんな色で、どんなしっぽをもっていて、どんな顔をしているんだろう? そんな想像をめぐらせればめぐらせるほど、物語の後半、その姿が見えてしまったとき、「えっ」と驚くはずだ。  同作は、宮部みゆきのミステリ小説『悲嘆の門』の作中に描かれた絵本…

全文を読む

宮部みゆきのライフワーク!「三島屋」シリーズ最新作が文庫化

宮部みゆきのライフワーク!「三島屋」シリーズ最新作が文庫化

『泣き童子 三島屋変調百物語参之続』(角川文庫刊)

「百物語」をご存じだろうか。 集まった人々が順番に怪談を語り、語り終えるごとに蝋燭の火を消してゆく。百話目が語られ、ついに百本目の蝋燭が消された時に、怪異が訪れる……という日本古来の作法である。

このスタイルを物語に大胆に取り入れ、世の怪談ファンをあっと驚かせたのが宮部みゆきの人気時代小説シリーズ「三島屋変調百物語」だ。

江戸は神田の袋物屋・三島屋には、〈変わり百物語〉と呼ばれる風変わりな名物があった。百物語の聞き手を務めるのは、店主の姪にあたる娘のおちかだけ。訪れた客は座敷でおちかと差し向かいになり、それまで胸に秘めてきた怖い話や不思議な話を語っていく。

許婚者を幼なじみの男に殺されるという事件に遭遇し、心に消せない傷を負ったおちかだったが、いくつもの怪談に耳を傾け、運命の不思議さに触れるうち、少しずつ生きる力を取り戻してゆくのだった。

本シリーズはこうした魅力的な枠組みのもと、客たちの語る怪談を一話完結のオムニバス形式で描いたものだ。6月に文庫化されたばかりの『泣き童子 三島屋変調百物語参之続』(角…

全文を読む

「宮部みゆき」のおすすめ記事をもっと見る

「宮部みゆき」のレビュー・書評をもっと見る

「宮部みゆき」の本・小説

さよならの儀式 (河出文庫 み 33-1)

さよならの儀式 (河出文庫 み 33-1)

作家
宮部みゆき
出版社
河出書房新社
発売日
2022-10-05
ISBN
9784309419190
作品情報を見る
ぬくもり<動物>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

ぬくもり<動物>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
西條奈加
田牧大和
小松エメル
櫻部 由美子
出版社
PHP研究所
発売日
2022-11-10
ISBN
9784569902548
作品情報を見る
日暮らし 上

日暮らし 上

作家
宮部みゆき
出版社
講談社
発売日
2004-12-22
ISBN
9784062127363
作品情報を見る
はらぺこ<美味>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

はらぺこ<美味>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
朝井まかて
近藤史恵
中島 久枝
五十嵐 佳子
細谷正充
出版社
PHP研究所
発売日
2022-10-06
ISBN
9784569902487
作品情報を見る
よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続

よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続

作家
宮部みゆき
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-07-27
ISBN
9784041121597
作品情報を見る
あなたの涙は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

あなたの涙は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
辻村深月
乃南アサ
篠田節子
宇佐美まこと
王谷晶
降田天
細谷正充
出版社
PHP研究所
発売日
2022-09-09
ISBN
9784569902364
作品情報を見る
あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
辻村深月
小池真理子
沼田まほかる
乃南アサ
新津きよみ
細谷正充
出版社
PHP研究所
発売日
2019-07-10
ISBN
9784569769455
作品情報を見る
子宝船 きたきた捕物帖(二)

子宝船 きたきた捕物帖(二)

作家
宮部みゆき
出版社
PHP研究所
発売日
2022-05-25
ISBN
9784569851983
作品情報を見る

「宮部みゆき」人気の作品ランキングをもっと見る

「宮部みゆき」の関連画像・写真

「宮部みゆき」の関連画像・写真をもっと見る