読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

作家
ROLAND
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-11
ISBN
9784046041371
amazonで購入する Kindle版を購入する

「俺か、俺以外か。 ローランドという生き方」の関連記事

ROLAND「“好き”という気持ちは“天気”と一緒」メディアで話題の現代ホスト帝王が語る“恋愛”【インタビュー後編】

 ブロンドヘアにサングラス、黒のタキシード……  一見ちょっと怪しげなその男は、現代ホストの帝王と称されるROLANDだ。

 新宿・歌舞伎町の「PLATINA-本店」の歴代売上記録保持者で、最高月額売上は6000万円。

 加えて、接客でお酒を飲まないことや、売掛(代金をお店やホストが一時的に立て替えること)をせずキャッシュで支払ってもらうなど、従来のホストに比べて異端なやり方で成功をおさめて話題になった。

 そんな彼の処女作となる『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』(KADOKAWA)が3月11日に発売。記念インタビューを行った。

 前編では、ホストになった経緯やいかに意志を貫いてきたのか、モチベーションついて伺った。後編では、ホストであるROLANDさんが考える「好き」という気持ちとの付き合い方について。

妹に「キモい」と言われた

――なんでも完璧で負けなしという印象の強いROLANDさんですが、書籍では双子の妹さんとの微妙な関係についても書かれていましたね。

ROLAND:昔はね、仲よかったんですけど。僕が15歳で家を出るときまではよく一緒に遊んでい…

2019/3/30

全文を読む

ROLAND「自信の源は“俺だから”」最高月額売上6000万円。ホストを始めたきっかけ、新人時代とは――【インタビュー前編】

 ブロンドヘアにサングラス、黒のタキシード……  一見ちょっと怪しげなその男は、現代ホストの帝王と称されるROLANDだ。

 新宿・歌舞伎町の「PLATINA-本店」の歴代売上記録保持者で、最高月額売上は6000万円。

 加えて、接客でお酒を飲まないことや、売掛(代金をお店やホストが一時的に立て替えること)をせずキャッシュで支払ってもらうなど、従来のホストに比べて異端なやり方で成功をおさめて話題になった。

 そんな彼の処女作となる『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』(KADOKAWA)が3月11日に発売。記念インタビューを行った。

 前編は、彼がホストになった経緯や辛い時期を耐えられた精神性について。

頭の片隅にはずっと「ホスト」があった

――今回の書籍では、名言はもちろんのこと、ご自身の生い立ちやホスト時代の日々についても赤裸々に語られていますよね。ホストという職業をテレビで見て知ったというお話でしたが、具体的には何の番組だったのでしょうか。

ROLAND:それが、全く覚えていないんですよね。漠然とテレビで知った、という記憶だけで。ただ気がついたら頭の…

2019/3/28

全文を読む

関連記事をもっと見る

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

テレビ番組で話題にもなったカリスマホストが、各所にて口にした名言をベースに自分の生き方、考え方をまとめた一冊。徹底したナルシシズムの塊だけど、ユーモアも交えて書かれているのでなんだか嫌味には感じない。なにより、人の都合や空気を優先させてしまう人々にとって「こんなに自己中心的に生きてもいいのか」というメッセージを発しているような気がしなくもない。ライターがまとめたものだと思うけど、文章も読みやすい。ビジュアルもたっぷり笑。軽く読める

2019/10/19

seacalf

あー、楽しい。ブレない信念を持ってる人にはすごく惹かれる。歌舞伎町ホストのトップに立った彼はゆるがぬ信念をひたすら真摯にストイックに努力してきた。それにしても自分のことが物凄く大好きなのが至るところで伝わってきて、ここまでくるといっそ清々しい。「貴方のことが好き」と言われて「俺も好きだよ(自分のことが)」と答えて誤解を招いていたというエピソードに笑ってしまった。名言(迷言もちらほら)の数々が潔くて気持ち良い。見た目や言動にギャップがあれど、大切にしてるものは変わらないから共感が持てる。元気が出る一冊だ。

2019/11/01

ハチ

一気に爆読みした。内容ペラッペラ予想をしていたが、とんでもない!含蓄に富み、ウィットが効果的に散りばめられ時に重厚で、やはりスッカスカでw 力強い言葉がたっぷり。わるくない。

2019/03/11

harass

気になっていた本が、偶然入ったKindle読み放題サービスにあったので読む。ナンバーワンホストとしての生き方と仕事についてなどを語る。漫画家、地獄のミサワが終始頭から離れなかったが、数周回って本当にカッコいいのかウケ狙いのかわからなくなってきた。瞬発力のあるウェット、ユーモアは、ホストでの実践の会話で生み出されたのだろうか。元祖ダンディのボー・ブランメルのコメント力が現代日本風になると彼のようにユーモアが欠かせないだろう。自信過剰なところに苦笑するがいろいろ元気がでた。

2019/11/16

Tanaka

ようやく図書館の順番が回ってきた。ローランドは人の悪いことは言わないからすごい。名言も面白くて好き。

2019/10/26

感想・レビューをもっと見る