読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天気の子 (角川つばさ文庫)

天気の子 (角川つばさ文庫)

天気の子 (角川つばさ文庫)

作家
新海誠
ちーこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-09
ISBN
9784046319272
amazonで購入する Kindle版を購入する

天気の子 (角川つばさ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Natsuki

図書館本。角川文庫のつもりで予約したはずが、お迎えに行ってみたら角川つばさ文庫でした(^^; まだ映画も観ていないので、挿絵があってちょうど良かった。あながちファンタジーとも言い切れない物語世界。現実世界で起きている気候変動と重ねて見てしまうからなのだろう。いろいろと唐突だなぁという印象はあるものの、やはり映像+音楽を観てみたい。

2019/12/05

nana&qoo

好きな方、ごめんなさい。私には合いませんでした。親の目で読むと、何回「けっ」って思った事か…若かったら感動できるのでしょうか?主人公がただの迷惑な厨二病男子に思えて辛かったです。ただ、映像があればその美しさにハッとしそうな雰囲気は充分感じられました。映像と音楽の力を借りて映画で観てから、こちらを読むと良いのかもしれません。

2019/11/01

RX78

映画はまだ見てないのですが…映像がないと最初は何のことかわからない部分もあったのですが、だんだんと引き込まれていき一気に読みました。初めてバイトをしたとき、周りの仲間たちが自分にはできないことをしていたり、大人に見えたりしたことを思い出しました。映画も見てみます。

2020/05/25

pecori

2学期が始まったら、娘が学校に持って行ってしまうというので急いで読了。んー!やっぱりもう一度映画館で観たいなぁ!!パンフレットをまだしっかり読めていないので楽しみ♪

2019/08/31

えすてい

2019年、何かと「狂っちまった」社会・世の中にどんどん捻じ曲げられ、もう元には戻れなくなるのを実感していった。自然現象も政治も経済も、あらゆることが「狂っちまった」のが「正常」になるのが、2020年代への入り口なのだろうか?

2019/12/31

感想・レビューをもっと見る