読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明るい家族砲計画っ!5 (ファミ通文庫)

明るい家族砲計画っ!5 (ファミ通文庫)

明るい家族砲計画っ!5 (ファミ通文庫)

作家
新木 伸
さそりがため
出版社
エンターブレイン
発売日
2010-07-30
ISBN
9784047266551
amazonで購入する

明るい家族砲計画っ!5 (ファミ通文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユウ

主人公とヒロインの幼なじみがラブラブの所に中学1年と7年後のヒロインが宅配便で届き…。そんな話。GJ部でも行われた文化祭での結婚式の話でもありますね。GJ部の裏で今巻のような事が起こっていたと考えると何か不思議な感じがありますね。

2016/11/30

F.key

完結。ちゃんと決めてくれたのはやっぱりスッキリします。よく未那さんの色香に負けなかったよ、高校生(笑)あとがきであるような『ネバーエンディングストーリー』は嫌いじゃないです。物語が終わってもデッドエンドでもない限りキャラは生き、いろんな話が生まれていきますもんね。GJ部から入ったのでそっちのキャラが出てきたのも楽しかった。キョロって結構なんでもできるタイプだったのね…あとは口絵も挿絵もガンガン攻めてたなぁ。上でも書いたけど未那さんエロすぎですよー(笑)

2012/05/24

Plasma

GJ部のキャラががっつり出てきててGJ部読みたくなりますね。ラストあたり詰め込みすぎのような気もしますがこのシリーズでは最も厚い単行本と言うこともあって切るところは切って最低限にしてこの厚さなのでしょう。SF素人から見ると本格的にSFしてる感じでした。

2011/02/15

ちょき

この巻で終わりですか。最終巻としたら、ちょっとしんみりした終わらせ方になったかなぁ。なんだかんだでいつも大解決という終わり方が好きだったけど。けど、ネバーエンディングストーリーってのは好きなのでこの終わらせかたでも満足です。何時かまた続きが出ることを祈って。

2010/08/05

はつかねずみ

完結、だけどシリーズとして完結しただけで物語的には一段落程度。最後までいろいろともやもやを感じさせられつつも、話としては非常に面白かったのでなんか反応に困る感。とりあえず、全体的にエロくてとてもよろしい。そして、GJ部における結婚式をこっちでしっかりやってたのは嬉しかった、ここ一つだけでも満足だなあ。一方、あそこでしょこたんがばっさり切られてしまったのは残念なものの、ウサギのお姉さんからしょこたんの雰囲気を感じたので少し気になる。気のせいなんだろうけど、あってたらデートのシーンが違って見えてそれはそれでw

2015/03/30

感想・レビューをもっと見る